フルーツヨーグルトアイスバー&あずきミルクバーの作り方 レシピ

フルーツのアイスと小豆のアイスの2種類作ります。スティックのついたアイスが好きな材料で作れるのでとっても楽しいですよ!

Print Recipe
フルーツヨーグルトアイスバー&あずきミルクバーの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
分量
個分
材料
フルーツヨーグルトアイスバー
あずきミルクバー
コース デザート
分量
個分
材料
フルーツヨーグルトアイスバー
あずきミルクバー
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めにフルーツの準備をします。キウィを7㎜厚さに切り4等分します。7㎜厚さに切ったキウィを4等分します。オレンジは袋から出し半分に切ります。
  2. キウィとオレンジを別々の器に入れます。グラニュー糖をかけます。軽くまぶして10分ほどおきます。グラニュー糖の代わりにはちみつやメープルシロップもおすすめです。
  3. こちらのアイスキャンディー専用の型を使います。最初にブルーベリーヨーグルトを型に入れます。キウィふた切れ入れます。そしてストロベリーヨーグルトをかけます。オレンジふた切れをヨーグルトに埋めます。
  4. もう一回これを繰り返してフルーツヨーグルトのアイスを作ります。凍った時あふれてしまうので上から5㎜下の線まで詰めてください。
  5. スティックを差し込みます。専用の型に入れたアイスは冷凍庫に一晩入れてしっかり固めます。
  6. 次に小さい紙コップを使って、あずきミルクバーを作ります。小さい紙コップに甘納豆を大さじ1ずつ入れます。
  7. 牛乳に練乳を加えます。均一になるまで混ぜ 紙コップに注ぎ分けます。
  8. アルミホイルで蓋をし真ん中にナイフで切り込みを入れます。スティックを差し込みます。アルミホイルでスティックを固定できます。あずきミルクバーの方は3時間ほどで固まります。
  9. アイスがすっかり固まりました。専用の型を少しの間水につけるか、またはシンクで水をかけます。こうすると簡単に取り出せます。
  10. 前後に動かしてアイスを取り出します。カラフルな層がとってもきれいですよね?
  11. 紙コップの方はアルミホイルを外します。キッチンバサミでカップを切ります。紙コップを破ってミルクバーを取り出します。
  12. アイスキャンデーのスティックがない場合は、割り箸で代用できます。
レシピのメモ
  • いちご、桃、びわ、パイナップルなど季節のフルーツでも作れます。またフローズンフルーツを使っても同様に作れますよ。
  • これらのアイスキャンディーは甘さ控えめで、暑い季節にぴったりのデザートになっています!
このレシピを共有する



マンゴープリンの作り方 レシピ

完熟マンゴーを使って絶品のマンゴープリンを作ります。濃厚で香りが良くてもうマンゴープリン大好きです。

Print Recipe
マンゴープリンの作り方 レシピ
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 インド, 中国
分量
個分
材料
トッピング
コース デザート
料理 インド, 中国
分量
個分
材料
トッピング
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. マンゴープリンを作ります。鍋に水を入れ温めます。鍋の底全体からふつふつ泡が出始めたら火から下ろします。
  2. 砂糖を加えて溶かします。マンゴーの種類により甘さが変わるので、砂糖の量は調節して下さいね。
  3. ゼラチンを振り入れ完全に溶かします。ゼラチンはいろんな種類があるのでパッケージの指示に従って下さい。
  4. これをマンゴーピュレに加えてよく混ぜます。生クリームも加えてよく混ぜます。
  5. お好みでレモン果汁を加えます。酸味が強い場合は加える必要はありません。
  6. 容器5個に注ぎます。冷蔵庫で2時間以上冷やします。急ぐ場合は冷凍庫に40〜50分入れてください。
  7. すっかり冷えて固まりました。軽くホイップした生クリームを加えます。
  8. 次にマンゴーを平らな種にそって切り、果肉に格子状に切り目を入れます。皮を切らないように注意して下さい。こちらは宮崎県産のマンゴーです。甘くてジューシーですが高価なので、今日はトッピングのみに使いました。
  9. 中央で縦方向に切り離し皮をはがします。とっても美味しそう!
  10. サイコロ状の完熟マンゴーをのせて、最後にミントの葉を飾ります。
レシピのメモ
  • 今回使用したゼラチンは広く市販されているもので80℃前後の熱い液体に直接振り入れて使用できるタイプのものです。それぞれのゼラチンの使用方法にしたがってお使い下さい。
  • マンゴーのきれいな色を生かすために牛乳は使わず、生クリームも最小限にとどめました。
  • やっと固まる程度のゼラチンの量ですからプルプルな食感です。
このレシピを共有する



コーヒーゼリーの作り方 レシピ

美味しいコーヒーを淹れて冷たくてのどごしのいいデザート、コーヒーゼリーを作ります!挽きたての豆で作るコーヒーゼリーは格別です。暑い夏を涼しく過ごすのにぴったりのデザートです。

Print Recipe
コーヒーゼリーの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 日本
分量
人分
材料
コース デザート
料理 日本
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 美味しいコーヒーをいれるために豆を挽きましょう。手挽きコーヒーミルは楽しくて、実際に豆を挽いている感覚を味わえますよ。
  2. 挽いた粉はフィルターをセットしたドリッパーに入れます。軽く叩いて表面を平らにします。コーヒーは約90℃のお湯で淹れます。ゆっくり粉全体に行き渡る程度のお湯を注ぎます。30秒間蒸らします。
  3. ゆっくり熱湯を注ぎます。
  4. コーヒーが250mlになるまでゆっくり注ぎ続けます。最後まで落とすと苦みや渋みが出てしまうので、全部落ちる前にドリッパーを外します。
  5. 次にボウルに砂糖を入れコーヒーを注いで砂糖を溶かします。ゼラチンパウダーを加え、よく混ぜて溶かします。
  6. 冷やした四角い型に注ぎ、表面に泡があったら取り除きます。粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかり固めて下さい。
  7. ゼリーがしっかり固まったらご覧のようにさいころ状に切ります。外しやすくするために型の底を軽く温めます。
  8. いったんボウルにあけます。スプーンでそれぞれのカップに入れます。少量の生クリームをかけます。もう一方は泡立てた生クリームを置き、ココアパウダーを振りかけてできあがりです。
レシピのメモ
  • 生クリームの代わりに牛乳、エバミルク、練乳でも美味しく頂けます。
  • 必ずよく冷やして下さい。温まると溶けてきます。
  • コーヒーの香りとつるんとした食感がとても美味しいです。
このレシピを共有する



フレンチトーストの作り方 レシピ

和テイストのフレンチトーストを作ります。栄養価たっぷりのきな粉と沖縄産の黒蜜をたっぷりかけます。皮はパリッ!中はもっちりのフレンチトーストはとても美味しいですよ。

Print Recipe
フレンチトーストの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート, 朝食
料理 フランス
分量
人分
材料
コース デザート, 朝食
料理 フランス
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. カスタード液を作ります。卵はしっかりと溶きます。箸の先を底に付けて泡立たないようにします。砂糖を加えて溶かします。
  2. 牛乳とバニラエクストラクトを加えます。均一に混ぜてください。牛乳は豆乳にかえてもいいですよ。
  3. バットに2.5cmに厚さに切ったバケットを並べ、カスタード液を上からかけます。両面しっかりと絡ませてください。3〜5分ほどおきます。
  4. こちらは黒蜜といって黒砂糖から作られるシロップです。濃厚で和菓子によく使用されます。
  5. バケットをトングで横からぎゅっとはさんで、裏に返します。トングでぎゅっとはさむとカスタード液が速く中まで入ります。さらに5分ほどおきます。
  6. フレンチトーストを作ります。フライパンを弱火にかけ無塩バターを加えます。
  7. バターが溶けたらバゲットを入れます。盛り付けた時上になる方から焼くと焼き色がきれいです。蓋をして弱火で美味しそうな焼き色が付くまで焼きます。
  8. 裏に返します。裏面は蓋をせずに弱火で焼きます。
  9. 両面がこんがり焼けたらお皿に盛りつけます。彩りに苺を添えましたがオレンジやキウィも良いです。アイスクリームを添えます。
  10. きなこを振りかけ、最後に黒蜜をかけます。黒蜜はとっても濃厚で美味しいですよ。
レシピのメモ
  • カスタード液に浸ける時間は、長くても10分ぐらいが中がもっちりしていて美味しいと思います。長時間浸けると中がふにゃふにゃになります。
  • きな粉と黒蜜かけるとこれはもう和菓子のようでこれはもうやみつきになります。
このレシピを共有する



マドレーヌの作り方 レシピ

焼きたてのマドレーヌは表面がカリッとし中はしっとり、バターの香りいっぱいのリッチでとてもおいしいお菓子です!

Print Recipe
マドレーヌの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 フランス
分量
材料
コース デザート
料理 フランス
分量
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. ボウルに熱湯を張り、バターを入れたボウルを浸けます。人肌程度に温めます。
  2. 次に卵を溶きほぐします。卵はあらかじめ室温に戻しておいてください。砂糖を加えてよく混ぜます。この時泡立てないように砂糖を溶かしてください。
  3. レモンの皮のすりおろしを加えます。防カビ剤など食品添加物の使われていないレモンを使用してください。はちみつを加えます。よく混ぜます。
  4. ベーキングパウダーを薄力粉に加えて混ぜます。これをふるいにかけます。この薄力粉を卵液に加えます。真ん中から少しづつ混ぜていきます。こうするとダマができにくいです。
  5. 人肌程度の溶かしバターを徐々に加えます。熱すぎるとベーキングパウダーが反応してしまうので気をつけてください。
  6. 室温で30分ほど休ませます。室温が高い場合は冷蔵庫で休ませます。
  7. 朝顔型のマドレーヌの型を使います。型が薄い場合は途中倒れたり開いたりするので、手持ちの型に入れて固定してください。しっかりした型を使用したり、専用のマドレーヌ貝型を使用しても良いです。
  8. 休ませた生地を型に入れます。たくさん作る時は絞り袋に入れると速く入ります。はかりを使って生地の量が同じになるよう調節することをお勧めします。それぞれの焼き色がそろいきれいに仕上がります。
  9. 180℃に予熱したオーブンに入れ170℃で15〜16分焼きます。
  10. 天板を取り出し鍋敷きに置きます。アルミ製の型はつけたままクーリングラックに乗せて粗熱を取ります。
レシピのメモ
  • 卵は室温に戻したものを使用してください。
  • はちみつが固まっている場合は、レンジで軽く温めると卵液と混ざりやすくなります。
  • レモンの香りがほのかにするリッチなお菓子です。
このレシピを共有する



バナナケーキの作り方 レシピ

しっかり熟したバナナを使って甘くて香りの良いバナナケーキを作ります。バナナは焼くとさらにいい香り!まだあったかいうちが一番美味しいです!

Print Recipe
Banana Bread Recipe
(18×8cmのパウンド型)
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 アメリカ
分量
材料
コース デザート
料理 アメリカ
分量
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まず熟したバナナをホイッパーで押しつぶします。色が変わらないようにレモン汁をかけておきます。よくまぶしてください。
  2. 次に卵をほぐし砂糖を加えます。きび砂糖はこのレシピにとてもよく合いますが、普通のグラニュー糖を使ってもよいです。
  3. バニラエクストラクトを加えます。砂糖が溶けるまでよく混ぜます。
  4. バターは牛乳と合わせ、容器を熱湯につけて溶かしてください。
  5. これを卵液に加えます。バターの代わりにサラダ油を使っても良いです。よく混ぜます。
  6. 次に薄力粉にベーキングパウダーと塩を加えて混ぜます。これをふるいながら加えます。海外にいる方はall purpose flourでも作れます。
  7. つぶしたバナナを散らし、バナナに粉をまぶします。
  8. できるだけ少ない回数で、粉が見えなくなるまでさっくり混ぜます。焼き上がりが固くなるので、混ぜすぎないように注意してください。
  9. 型に敷紙を敷き生地を入れます。型を数回落として生地の中の空気を抜きます。表面を軽くならします。
  10. オーブンは生地を作り始める前に170℃に予熱してください。オーブンに入れ170℃で50分ほど焼きます。最後の方で焼き色がつきすぎる場合はアルミホイルをかけて調整してください。
  11. 取り出してクーリングラックにおきます。竹串を刺してどろっとした生地が付かなければできあがりです。このまま粗熱が取れるまで冷まします。
  12. 型から取り出します。外側はカリッと中はしっとりふわっとしています。まだあったかくて美味しそうです!
レシピのメモ
  • 美味しく作るポイントは熟して香りの良いバナナを使うことです。
  • またお好みでくるみ、シナモン、ラム酒を加えてもおいしいです。
  • 甘さはバナナによって変わるので砂糖の量はお好みで調節してください。
  • 冷蔵庫で保存した場合は、トースターなどで温めると美味しく頂けます。
このレシピを共有する



いきなり団子(熊本県の郷土菓子レシピ)

熊本の郷土料理いきなり団子を作ります。いきなりというのはいきなり来客があってもすぐ作れるという意味もあります。さつまいもはとても柔らかく、餡と一緒に食べても程よい甘さで美味しいです。

Print Recipe
いきなり団子(熊本県の郷土菓子レシピ)
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 日本
分量
材料
コース デザート
料理 日本
分量
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. ボウルに小麦粉、もち粉を入れます。塩を入れホイッパーでよく混ぜます。
  2. 水を徐々に加え箸を使って混ぜます。粉気がなくなるまで混ぜてください。
  3. 手でまとめて生地にします。小麦粉をふるった台に移し滑らかになるまでこねます。
  4. くっつく場合は手粉をつかい棒状に伸ばします。6等分に切ります。
  5. 生地を丸めます。固く絞った濡れ布巾をかけ、室温で30分休ませます。
  6. さつま芋は5分ほど水にさらしアク抜きをします。さつま芋をキッチンペーパーにのせ、水気をしっかり拭き取ります。
  7. いきなり団子を包みます。カップを伏せておきます。底にさつま芋をのせ、あんをのせて平らにします。
  8. 手粉をつけ生地を丸く薄く延ばします。芋にかぶせます。
  9. 裏に返して側面の生地を延ばし生地を集めて閉じます。形を整えクッキングシートにのせます。
  10. カップなどを伏せてその上で生地をかぶせると包みやすいです。同様にして6つの団子を作ります。
  11. それでは団子を蒸します。蒸し器を蒸気が勢いよく出ている状態にし団子を並べます。
  12. 固く絞った濡れ布巾をかぶせ、蓋をします。鍋を使う場合、焦げるおそれがあるので布巾が鍋にあたらないように注意して下さい。
  13. 中火強で25分ほど蒸します。さあできあがりです!火を止めて布を外します。
レシピのメモ
  • この郷土料理は本来は薄力粉のみで作りますが、最近は柔らかい餅が好まれるのでもち粉をブレンドしました。
  • さつま芋が甘くない場合は生地にお砂糖を入れてください。
  • いきなり団子を冷凍する場合は、一つずつラップに包んでください。食べる時は皮が柔らかくなるまでレンジで温めます。
このレシピを共有する



ポンデケージョの作り方 レシピ

ポンデケージョはブラジルのモッチモチのチーズパンで、とっても美味しいです!

Print Recipe
ポンデケージョの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート, ランチ
料理 ブラジル
分量
材料
コース デザート, ランチ
料理 ブラジル
分量
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. ポンデケージョの生地作りから始めましょう。小鍋に水、牛乳、オリーブオイルを入れ火をつけます。
  2. 温度を均一にするために鍋をまわします。沸騰直前まで温めます。
  3. タピオカスターチに注ぎ、耐熱性のスパチュラで素早く混ぜます。
  4. 手で触れるくらいになったら手でこねます。
  5. 溶き卵の半量を加えて混ぜます。その後残りの卵を加えます。
  6. パルメザンチーズかエダムチーズを加えます。
  7. チーズが均一に混ざるまでよくこねます。
  8. 手にくっつかないように油を塗り、生地を大さじ1ほど取って丸めます。
  9. 同様に12個作りオーブンシートを敷いた天板に並べます。生地が柔らかくて丸めにくい場合はスプーンですくって直接天板に置いてください。
  10. 170℃で20分ほど焼きます。最初形はいびつでも焼くとまんまるになります。
  11. 取り出しクーリングラックにのせます。
レシピのメモ
  • このレシピは塩分を控えるためにチーズ少なめで作っています。お好みで増やして下さい。
このレシピを共有する



美味しいカステラの作り方 (しっとりもっちりのレシピ)

しっとり、もっちり、おいしいカステラをアルミホイルを巻いた箱で作ります。

Print Recipe
カステラの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 日本
分量
個(19x19x8cm)
材料
コース デザート
料理 日本
分量
個(19x19x8cm)
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. アルミホイルで覆った紙箱にクラフト紙を敷き、底にザラメを散らします。
  2. ハンドミキサーで卵を軽く溶きほぐします。砂糖を加えて混ぜます。
  3. 湯せんにかけてゆっくり温めます。人肌程度に温まったら取り出し火を止め、水の入った容器を入れて温めます。
  4. 高速で白くもったりするまで約8分間泡立てます。ミキサーを持ち上げて落とした時、模様が消えないで残るこの程度の固さです。
  5. ハチミツに温めた湯を加えて溶き、これを加えてさらに1分間 高速で泡立てます。低速に切り替え艶が出てきめが細かくなるまで約1分間混ぜます。
  6. 粉を全体に散らして加え、中速で約2分滑らかになるまで混ぜます。
  7. 2〜3回ボウルを落として泡を消します。生地を型に流し込みます。スパチュラを縦横に切るように動かし泡を消します。
  8. 予熱したオーブンに入れます。最初の15分は170℃、その後160℃に落としてさらに約50分焼きます。オーブンはそれぞれくせ(個体差)があるので温度と時間は目安にして下さい。
  9. 竹串を刺します。少ししっとりしているくらいがベストです。串が乾いた状態まで焼くと しっとりした食感にはなりにくいです。しっとり感が命なので焼き過ぎには気をつけましょう。
  10. オーブンから取り出しカウンターに2〜3回落とします。焼き縮みを防ぐためです。ラップを貼り付けたトレーをかぶせます。上下を返します。
  11. トレーをかぶせる前に、立ち上がった型紙の四隅に切り込みを入れて外側に折っておくと、カステラの表面に敷き紙の跡が残らずきれいに仕上がります。型を外します。
  12. ラップを十字にかけ完全に覆います。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて1日おきます。1日経った方がしっとりして大変美味しいです。
  13. 器に盛りましょう。ていねいにペーパーを剥がし 端を切り落とします。ナイフは切る度に濡れた布巾で拭くと切り口がきれいです。
  14. 半分に切り、さらに3cm幅に切ります。お皿に並べます。
カステラを焼く型の自作
  1. カステラを焼く型を自作する方法です。こちらは4つ切り込みを入れたクラフト紙です。
  2. 厚紙の箱はアルミホイルで包んであります。
  3. 包み方はまず丁寧に帯状のアルミホイルを巻きつけます。
  4. 交差するようにもう一枚を巻きつけます。四角い型がない場合はこのように自分で作れます。
レシピのメモ
  • 中力粉、薄力粉でもできますが、しっとりもっちりした食感を出すには強力粉が向いています。
  • 日持ちは冷蔵庫で1週間、冷凍すれば1ヶ月は美味しくいただけます。
  • お茶はもちろんコーヒー、紅茶にもよく合うのでどんなシーンにも喜ばれます。
このレシピを共有する



ごま団子の作り方(芝麻球のレシピ)

中華のお菓子ごま団子を作ります。日本でもおなじみでとても美味しいので人気があります。外側のごまはサクサク、揚げた餅とあんの相性が良いのでついつい手が伸びます。

Print Recipe
ごま団子の作り方(芝麻球のレシピ)
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 中国
分量
個分
材料
あんのアレンジ
コース デザート
料理 中国
分量
個分
材料
あんのアレンジ
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めにもち粉の真ん中をあけ、そこに砂糖を加えます。水の約半量を加え砂糖を溶かします。
  2. 周りの粉を崩しながら残りの水も徐々に加えます。生地は固すぎても柔らかすぎても扱いにくいので様子を見ながら加えます。粉と水がしっかりなじむまでこねます。
  3. 手にごま油をつけて取り出します。台の上で棒状にのばします。5等分に切り丸めます。
  4. 丸めた生地の真ん中を押して穴を作ります。あん玉が入る大きさまで広げます。
  5. あんを入れて包みます。あんを入れてくるんでとじます。
  6. 生地が均一な厚さになるようにして丸く形を整えます。残りのあんも同様に包みます。
  7. 団子にほんの少し水をつけ、ごまをまぶします。
  8. 最後にごまが剥がれないように軽く握ります。生地が柔らかい場合は濡らさなくてもよく付きます。同様にごま団子を5つ作ります。
  9. ではごま団子を揚げます。揚げ油を140〜150℃に熱し団子を入れます。菜箸で転がしながら揚げます。こうすると 丸く膨らみ均一な揚げ色になります。
  10. 初めてのデートの時のように優しく扱ってくださいね。そうでないとごまが剥がれてしまいます。4〜5分揚げたら火を強めます。
  11. はじめは低温でじっくり揚げ、最後に温度を上げてカラッとさせるのが上手に揚げるコツです。油の温度が高いと、中まで火が通る前に周りのごまが先に焦げてしまいます。
  12. きれいな色がついたら出来上がりです。取り出して油を切ります。
レシピのメモ
  • あんにクルミやすりごまを混ぜたごま団子もとても美味しいので是非作ってみてください。
  • あんの代わりにかぼちゃやさつまいものペーストでも作れます。
  • 揚げたての団子はもっちりしていて美味しいですが、出来たては中がとても熱いので火傷しないように注意して下さい。
このレシピを共有する