豆腐ステーキキノコソースの作り方 レシピ

季節のきのこをたっぷり使った豆腐のステーキをつくります。ご飯が進みますよ!

Print Recipe
豆腐ステーキキノコソースの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 材料を準備しましょう。しめじは石突きを切り落とし小房に分けます。
  2. えのきだけは石突きを切り落とし、長さを半分に切ります。きのこは椎茸や舞茸もおすすめです。
  3. にんにくの根元を切り落とします。包丁の腹で叩きつぶして粗みじんに切ります。
  4. 豆腐は600Wの電子レンジで1分間水切りしたものです。キッチンペーパーを外し別のペーパーで水気をよく拭きます。
  5. 軽く塩、コショウし、小麦粉を振りかけます。裏も水気を拭き取ります。塩、コショウ、小麦粉を振りかけます。
  6. フライパンにごま油を加えて火をつけます。豆腐を入れ焼き色をつけます。
  7. 裏返して裏も同様にきれいな焼き色をつけます。取り出してお皿に盛ります。
  8. 同じフライパンにごま油を足し火をつけ、ニンニクと唐辛子を入れて香りが出るまで炒めます。
  9. しめじ、えのき茸を入れて更に炒めます。
  10. みりん、醤油を加え、混ぜて均一に味をつけます。
  11. きのこソースを豆腐にかけ、最後に万能ねぎを散らします。
レシピのメモ
  • きのこの種類によってはとろみかげんが弱いことがあります。とろみをつける場合、少量の水溶き片栗粉やコーンスターチを加えて下さい。
  • 豆腐ステーキをご飯にのせて丼にすることもできますよ。
このレシピを共有する


手羽先の唐揚げの作り方 レシピ

ぜひ揚げたての手羽先を味わって下さい!このスパイシーな鶏の唐揚げはとっても美味しいです。一度食べたら病み付きになりますよ!

Print Recipe
手羽先の唐揚げの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まずタレを作りましょう。鍋に醤油、酒、みりん、砂糖、おろしにんにく、おろし生姜を加え火を付けます。へらで均一に混ぜます。
  2. 沸騰させてアルコールをとばし、弱火で2〜3分煮詰め、火を止めます。ボールにあけ、酢を加えて混ぜておきます。
  3. 手羽先を準備しましょう。手羽先をキッチンペーパーの上に置き、もう1枚をかぶせ手で押さえて水気をしっかり拭き取ります。
  4. ペーパーを取り、塩を振りかけます。軽くたたいて手でなじませます。裏に返して塩を振りかけ、なじませます。
  5. ボールに移して酒、生姜汁を加え両手でよくもみ込みます。しっかり揉み込んだら10分ほど置きます。
  6. キッチンペーパーで軽く水分を拭き取ります。保存袋に片栗粉を入れ手羽先を入れて、よく振って片栗粉をまぶしバットに移しておきます。
  7. 油で揚げましょう。揚げ油を中火で熱し始めます。香り付けにごま油を少量加えます。油の量は肉がほぼ浸かる程度あれば十分です。
  8. 余分な片栗粉を払い落とし、油がまだ冷たいうちに肉を入れます。表面が固まるまで触わらないで揚げます。このように揚げるとまぶした片栗粉がはがれません。
  9. 油の温度が上がってきたら、お玉ですくって肉の上にかけます。途中で油がはねることがありますので気を付けて下さい。
  10. 肉の周りが美味しそうに色付いてきたら裏返すタイミングです。全体に美味しそうな揚げ色が付くまで揚げます。網に取り火を消します。
  11. 熱いうちにボールに移しタレを絡めます。
  12. お皿に盛ります。刷毛でもう一度タレを塗ります。
  13. 炒りごまと粗挽き黒胡椒はたっぷり。粉山椒、一味唐辛子はお好みの量を振りかけます。
レシピのメモ
  • 油が冷たいうちから入れてじっくり加熱すると、美味しそうな揚げ色が付く頃には中まで火が通りジューシーに揚がります。
  • 手軽にたくさん作れるので感謝祭にぜひ作ってみてください。
このレシピを共有する


中華おこわの作り方(豚肉と甘栗を使った具沢山のレシピ)

炊飯器で作る中華おこわです。お肉の香ばしさと栗の甘さがお互い引き立てあってとても美味しいです。

Print Recipe
中華おこわの作り方(豚肉と甘栗を使った具沢山のレシピ)
投票: 1
評価: 4
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
合わせ調味料
分量
人分
材料
合わせ調味料
投票: 1
評価: 4
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. もち米は洗ってざるにあげ 30分水切りします。干しえびはぬるま湯(大さじ2)に30分浸けて戻します。干しえびの戻し汁を計量カップに注ぎます。これに水を加えて180mlにします(米と同量)。
  2. もち米を内釜に入れます。だし汁を加えます。おこわモードで炊きます。おこわモードがない場合は普通に炊いても大丈夫です。
  3. その間に具材の準備をします。戻したえびは粗く刻みます。しめじは石づきを落として割いておきます。
  4. 調味料を合わせます。しょうゆ、オイスターソース、酒、砂糖、こしょう、水を合わせます。よく混ぜておきます。
  5. 1cm角に切った豚肉に酒 しょうゆを加えます。水分がなくなるまでよく揉み込みます。
  6. 次にフライパンにサラダ油少量熱します。豚肉を加えます。肩ロースの角切りはごちそう感がありますが、豚ひき肉を使っても良いです。豚肉に焼き色をつけ返します。
  7. 両面香ばしい焼き色がついたら取り出します。ここでは完全に火が通ってなくても大丈夫です。
  8. 鍋をきれいに拭きます。サラダ油を入れ、再び火をつけます。生姜のみじん切り、戻したえびを入れます。炒めます。
  9. 香りが出たらしめじ加えます。油が回ってしめじがしんなりしてきました。合わせ調味料を混ぜてから加えます。2〜3分煮ます。
  10. 甘栗を加えます。ここで肩ロースも加えます。汁気がほぼなくなるまで煮詰めます。
  11. 最後にごま油を少量回し入れます。こうすると風味よく仕上がります。火を止めて 具材が仕上がりました。
  12. もち米が炊き上がったら。軽く全体をほぐしてください。そして具を内釜に入れます。ご飯が熱いうちに混ぜると混ざりやすいです。
  13. 米粒を潰さないように、具が全体に行き渡るように混ぜます。蓋をして5分蒸らします。
  14. 中華おこわの出来上がりです。大皿に盛り付けます。最後にお好みで青ねぎを散らします。
レシピのメモ
  • もち米を水に浸けたり、蒸したりしない作り方なので手軽に中華風おこわが作れます。
  • 冷めても固くなりにくいのでお弁当にも向いています。
  • おにぎりにしてラップに包んで冷凍しておくと便利ですよ。
このレシピを共有する


ビーフステーキ丼の作り方 レシピ

さっぱりした和風ソースでいただくステーキ丼を作ります。

Print Recipe
ビーフステーキ丼の作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
玉ねぎポン酢ソース
即席ポン酢
分量
人分
材料
玉ねぎポン酢ソース
即席ポン酢
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 野菜を準備しましょう。エリンギと大きさを揃えるために玉ねぎは外側を使います。玉ねぎは横1.5cm幅に切り、更に半分に切ります。
  2. エリンギは長さを半分に切ります。それを縦半分に切りさらに5mm厚さにスライスします。レタスは縦半分に切り、横1.5cm幅に切ります。
  3. 野菜を炒めましょう。フライパンにオリーブオイルを熱します。玉ねぎとエリンギを入れ油をからめて炒めます。塩で調味し焼き色をつけます。最後にコショウを振り、火を消してお皿に取り出します。
  4. 肉は調理する1時間前に冷蔵庫から出しておきます。肉の片面に塩そしてコショウをします。
  5. 火をつけ中火でサラダ油を熱します。塩とコショウした面を下にして肉を入れます。たまにフライパンをゆすって焼き色を均一にします。
  6. トングで少しめくって焼き具合をチェックします。しっかり焼き色がついたら裏に返します。
  7. 両面が焼けたら火を消しトングでお皿に取ります。ソースの準備ができるまでアルミホイルをかけておきます。余熱で少しだけ火が通り、肉汁を中にとどめることができます。
  8. 美味しい玉ねぎぽん酢ソースを作りましょう。キッチンペーパでフライパンの油を吸い取ります。酒を加えてアルコールを飛ばします。
  9. 火をつけおろし玉ねぎを加えます。スパチュラで混ぜ辛みがなくなるまで火を通します。
  10. ポン酢、しょう油、おろしにんにく、バターを加えます。ふつふつと沸いてくるまで混ぜます。バターが溶けたらソースの出来上がりです。ソース入れに注ぎます。
  11. ビーフステーキ丼を作りましょう。温かいご飯にレタスをしきます。玉ねぎとエリンギを丼の縁におきます。
  12. アルミホイルを取ってまな板にのせ、包丁を斜めに傾けて薄くスライスします。
  13. レタスの上に切り口が見えるようにずらして並べます。最後にクレソンを飾ります。
  14. いただく時に玉ねぎポン酢ソースをたっぷりかけます。わさびもよく合いますのでち試してみてください。
レシピのメモ
  • 焼き加減はミディアムが柔らかくて切り口もきれいです。
このレシピを共有する


たこ焼き&えび焼きの作り方 レシピ

大好きなえびも入れて具材もすこしアレンジして作ります。たこやえびの旨味がジュワーと出て、焼きたてとっても美味しいですよ!

Print Recipe
たこ焼き&えび焼きの作り方 レシピ
2人分約37個
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めに生地を作ります。小麦粉に塩を入れ、泡立て器でよく混ぜます。
  2. 冷たいだし汁を少しずつ加えます。ダマにならないように中心から外側に向かって混ぜます。だし汁は冷たく冷やしたものを使うと、グルテンができにくく軽い感じに仕上がります。しょうゆを加えます。
  3. 卵はよく溶いて生地に加えます。混ぜます。
  4. 注ぎやすい器に移しておきます。
  5. 中に入れるたこ、えびを切ります。たこは1cm角に切ります。イカやホタテを使っても良いですが、たこ焼きとは呼ばないですね。
  6. えびは半分に切ります。えびは下処理済みです。下処理の仕方はエビチリのビデオで詳しく解説していますのでご覧下さい。
  7. たこ焼きプレートを約240℃に温めます。全面に油をたっぷりひきます。穴の外側にも油を広げます。生地を混ぜて少しプレートに落とし、十分熱くなったか確かめます。生地を穴に流し込んでいきます。
  8. すかさずたこ、えびを入れます。
  9. キャベツ、かつお粉、青ねぎ、刻んだ紅生姜を散らします。
  10. 周りが乾いてきたら竹串で一個一個切り離し、90度だけくるりと返します。
  11. すべて90度傾けたら足りない部分に生地を注ぎます。
  12. 少しずつ返して形を整えます。
  13. たこ焼きに美味しそうな焼き色がついてさわると軽く回るようになりました。焼けた順からお皿に取ります。
  14. お好み焼きソースを刷毛で塗り青のりを振りかけます。最後に花かつおをのせます。お好みでマヨネーズをつけていただきます。
レシピのメモ
  • たこ以外に餅、チーズ、キムチ、ウインナー、ベーコンなどお好みの材料を入れても楽しいです。
  • ちまたではたこ焼きにキャベツを入れても良いかという白熱した議論が日夜繰り広げられています。相手が日本人の場合はキャベツを入れても良いか確認して喧嘩にならないように気をつけましょう。
このレシピを共有する



鮭の焼き漬けの作り方 レシピ

いつでも手に入る冷凍の鮭を使って焼き漬けを作ります。この料理は新潟県の郷土料理で、その地方でたくさんとれた鮭を保存するため各家庭で作られていました。

Print Recipe
鮭の焼き漬けの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
調味液
分量
人分
材料
調味液
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めに調味液を作ります。小鍋に酒、みりんを入れ、火を点けます。軽く沸騰させて匂いがしなくなるまでアルコールを飛ばします。容器に移します。
  2. 酢、ゆず果汁、出し昆布と赤唐辛子、醤油を加え混ぜておきます。
  3. 柚子の代わりに酸味のある好きな柑橘類を使っても良いです。長ねぎは斜めに浅く切り込みを入れます。切り込みを入れると味が入りやすく食べやすくなります。4㎝長さに切ります。ピーマンは長ねぎと同じ大きさに切ってください。
  4. では鮭の焼き漬けを作ります。鮭に酒を振りかけます。両面にまぶします。
  5. フライパンにサラダ油をひきます。火を点けて長ねぎとピーマンを加えます。油をまわして炒めます。アスパラガス、スナップエンドウ、玉ねぎやきのこ類を使っても美味しいです。
  6. 美味しそうな焼き色が付きました。野菜を調味液に入れます。
  7. キッチンペーパーで鮭の水分を拭き取ります。鮭の両面に薄く小麦粉を振ります。焼き色がきれいに付き調味液がよく絡みます。
  8. 油を加え再び熱します。鮭を入れます。盛り付けた時上になる方を先に焼くと焼き目がきれいに付きます。時々フライパンをゆすって均一に焼き色をつけます。蓋をして弱火でしばらく焼きます。
  9. 焼き色がついたら返します。裏面も焼き色をつけます。グリルで焼くと皮もパリッと焼けてさらにおいしいです。
  10. お皿にとります。上から調味液をかけて冷まします。
  11. 焼き漬けに味が染み込みました。お皿に昆布を敷き昆布の上にねぎをおきます。鮭を斜めに立てかけます。
  12. 長ねぎとピーマンを飾ります。最後に調味液をかけます。
レシピのメモ
  • すぐにでも食べられますが、冷蔵庫で数時間寝かしたものは味が馴染んでさらに美味しいです。
  • 昆布がいい仕事しています。味もしっかり染みこんでご飯にとっても合います。
このレシピを共有する


関西風すき焼きの作り方 レシピ

子供の頃お正月に来客があると決まってすき焼きでした。母が準備をし、父が焼いてくれました。

Print Recipe
関西風すき焼きの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まず材料を切りましょう。焼き豆腐は一口大に切ります。しいたけは軸を切り離し一口大に切ります。えのきだけは根元を切り落とし食べやすく割きます。
  2. 青ねぎの白い部分は斜め切り、青い部分は5cm長さに切ります。玉ねぎは繊維に垂直に1.5cm厚さに切ります。
  3. 糸こんにゃくは半分に切ります。鍋の水を火にかけ、こんにゃくを入れます。30秒ほど茹でます。茹でることで水分が抜け味が染み込みやすくなります。ざるに上げ水気を切ります。
  4. では焼き始めましょう。中火で牛脂を熱し全面に塗ります。火を弱め 底全体に砂糖を振り入れます。
  5. 肉を広げて置きます。半分程度色が変わったらしょうゆを垂らします。卵を溶きます。
  6. 肉を裏返し砂糖としょうゆを絡めます。お肉は今のタイミングが一番美味しいので是非味わって下さい。卵につけて味わいます。
  7. 肉を端に寄せます。カラメル状になった砂糖は次に焼く材料を美味しくしてくれます。焼き豆腐、糸こんにゃく、しいたけ、えのきだけ、玉ねぎ、青ねぎを加えます。
  8. 最後にまた肉を入れます。火加減は中火以下で、こまめに調節します。焦げそうになったら酒を少量回しかけます。
  9. それぞれに砂糖を振りかけ、それぞれにしょうゆを垂らします。酒を少量回しかけます。
  10. 中火で時々返しながら火を通します。できました。煮えた順から卵につけて食べて下さい。
  11. 材料を継ぎ足す方法は青ねぎでお見せします。材料を新しく継ぎ足したらそのたびに調味して下さい。砂糖を振りかけ、しょうゆを加え絡めて出来上がりです。
  12. 十分お野菜をいただいたら最後の締めにおうどんを加えます。ほんの少量の酒 、しょうゆ 、砂糖を加えます。鍋に残っている調味料を吸わせ、卵に浸けていただきます。
レシピのメモ
  • それぞれに砂糖としょうゆで味付けすることは面倒に見えますが味の調節が楽です。
  • 酒が使えない方は水を加えるのではなく、弱火にし材料が持っている水分で作ると美味しいです。
このレシピを共有する


親子丼の作り方 レシピ

とっても手軽にできて美味しい親子丼です。前回のを少しアレンジして作ります。ふわっとろの卵がとっても美味しいです。卵黄でさらにまろやかです。

Print Recipe
親子丼の作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 煮汁の材料を合わせます。醤油、味醂、出汁、砂糖を合わせます。混ぜて砂糖を溶かしてください。
  2. 薄くそぎ切りにした鶏肉を浸けます。そぎ切りにして浸けておくと 火の通りが早く、また味が染み込んでより美味しくなります。
  3. 卵を切り離すように数回混ぜます。混ぜすぎるとコシがなくなりふわっとろっになりません。
  4. 玉ねぎを切ります外側から2枚ずつはがします。1cm幅の薄い櫛形に切ります。玉ねぎの代わりに長ねぎの白い部分も使えます。
  5. 玉ねぎを鶏肉に加えます。ではフライパンを中火にかけます。蓋をして煮ます。
  6. 肉が白っぽくなったら裏に返します。あっさりしたのが好きな人は、鶏胸肉やささみを使ってください。
  7. 肉にほぼ火が通ったら三つ葉を散らします。そして卵を全部回し入れます。親子丼は親子鍋がよく使われますが、小さなフライパンでも作れます。
  8. 蓋をしてください。白身が半分ほど白くなったら、あとは好みのとろとろ加減にします。生卵の品質が心配な場合はパスチャライズド(pasteurized) エッグを使うか、完全に火を通してください。
  9. 温かいご飯にかけます。中央を少しくぼませ、新鮮な卵黄をトッピングします。
レシピのメモ
  • ご飯が残っている汁気を吸うので、ご飯は固めに炊いたほうが美味しくいただけます。
  • お好みで粉山椒や刻み海苔を振りかけても美味しいです。
このレシピを共有する



和風カルボナーラの作り方 レシピ

カルボナーラを少しアレンジしたレシピです。卵が固まらないように気をつけて作ります。卵、チーズ、ベーコンにピリッと塩コショウがきいて美味しいですよ。

Print Recipe
和風カルボナーラの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. ベーコンは7mm角の棒状に切ります。今回はスライスされたものではなく、ベーコンのブロックを使用しました。
  2. 卵にパルメザンチーズ、牛乳、黒こしょうを合わせしっかり混ぜておきます。
  3. フライパンにつぶしたにんにく、オリーブオイルを入れ中火にかけます。鍋が温まったら弱火にしニンニクの香りが出るまで炒めます。
  4. ベーコンを加え香ばしく色づくまで炒めます。
  5. 白ワインを加えて鍋をゆすってください。乳化して少しとろみが出たら火を切ります。
  6. 次にパスタを茹でます。たっぷりの水に約0.7%の食塩を加えて沸かします。ベーコン チーズに塩気があるので、パスタは控えめの塩加減で茹でてください。スパゲッティを入れます。表示時間より30秒短く茹でます。
  7. 茹で上がったら先ほどのフライパンにトングで移します。鍋の火は消しておきフライパンの火をつけます。スパゲッティにソースが絡めます。
  8. 熱くなったら卵液のボールに入れて和えます。和えても卵にとろみがつかない場合は更に湯煎で温めます。できました。
  9. トロッとしたら器に盛りつけます。万能ネギを振りかけパルメザンチーズと黒コショウを振りかけます。
レシピのメモ
  • ソースをフライパンで加熱しないので、卵に火が通り過ぎず 火加減の調整が楽です。
  • 濃厚なカルボナーラにしたい場合は、牛乳を生クリームにかえ、全卵の替りに卵黄を使って下さい。
このレシピを共有する


鶏すきの作り方 鶏肉のすき焼きレシピ

すき焼きには普通牛肉が使われますが、鶏肉でもとっても美味しくできます。

Print Recipe
鶏すきの作り方 鶏肉のすき焼きレシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
割り下
分量
人分
材料
割り下
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めに鶏肉を下ゆでします。鶏もも肉を一口大のそぎ切りにします。同じ厚さになるように切ってください。鶏肉を熱湯に入れます。
  2. 表面が白くなるまでさっと茹でます。トレイに取ります。アクや臭みが取れていっそう美味しくなります。
  3. 割り下を作ります。鍋にしょうゆ、砂糖、酒、水を合わせます。出し昆布を入れます。昆布はなければ省いても大丈夫です。火をつけて混ぜます。砂糖が溶けたら火からおろします。冷めたら昆布は取り出してください。
  4. 次に材料を切ります。長ねぎは斜め切りにします。春菊は柔らかい上半分と下の葉を使います。
  5. こちらは残りの食材で、えのきだけ、しめじ、焼き豆腐、軽くゆでて食べやすい長さに切ったしらたきです。
  6. それでは鶏すきを作ります。浅い鍋に割り下を入れます。火をつけて軽く沸騰させます。
  7. しらたき、1.5cmの厚さに切った焼き豆腐、長ねぎを入れます。えのきだけ、しめじも加えます。鶏肉を入れます。
  8. 具材を返し割り下を染み込ませます。鶏肉は固くなりやすいので煮過ぎないでください。
  9. 鶏肉に火が通ったら春菊を加えます。さっと煮汁に絡ませてできあがりです。
  10. 具材を卵につけて鶏すきを存分にお楽しみください。
レシピのメモ
  • 日本ではすき焼きを味わう際、生卵は欠かせないものとなっています。手持ちの卵が生で食べられるか分からない時は、パスチャライズド(pasteurized) エッグを試してみてください。
  • 最後にうどんを加えて煮ると残った汁を最後までお楽しみいただけます。
このレシピを共有する