焼きそばの作り方 レシピ

お祭りやキャンプの時によく作られる焼きそばです。簡単、美味しい、ヘルシーな一品で野菜をたっぷりとることができます。

Print Recipe
焼きそばの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
合わせ調味料
トッピング
分量
人分
材料
合わせ調味料
トッピング
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 焼きそばの材料を切りましょう。豚肉(50g)は、3〜4cm長さに切ります。
  2. キャベツ1/2枚(40g)は3cm角のざく切りにします。
  3. 長ねぎ(1/2本)は1cm厚さの斜め切りにします。
  4. 人参(15g)は薄く切り5cm長さの細切りにします。
  5. にんにく(1片)は包丁で潰し、中の芽を取り除き、粗みじん切りにします。
  6. もやしは洗って水を切っておいてください。
  7. 焼きそばソースを作りましょう。オイスターソース(大1)に醤油(小1/2~1)と酒(大1/2)を加え、混ぜておきます。
  8. ホットプレートは高温(240℃)に設定しておきます。ホットプレートに麺を乗せ、酒(大1/3)を振りかけます。へらで押さえます。
  9. こんがり焼きめがついたら返します。4つに切って脇に寄せておきます。
  10. ゴマ油(小1)をひき肉とにんにくを炒めます。
  11. 肉の色が変わったら、もやし、キャベツ、長ねぎ、人参を一度に加えて炒めます。軽く混ぜて塩とコショウをし炒めます。
  12. 野菜に八分どおり火が通ったら麺と野菜を合わせます。焼きそばソースを回しかけ手早く炒めます。
  13. お皿に盛ります。削り節、青海苔、紅生姜を飾ります。
レシピのメモ
  • 強火で一気に水分を飛ばすのと美味しい焼きそばになります。
このレシピを共有する


手羽先の唐揚げの作り方 レシピ

ぜひ揚げたての手羽先を味わって下さい!このスパイシーな鶏の唐揚げはとっても美味しいです。一度食べたら病み付きになりますよ!

Print Recipe
手羽先の唐揚げの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まずタレを作りましょう。鍋に醤油、酒、みりん、砂糖、おろしにんにく、おろし生姜を加え火を付けます。へらで均一に混ぜます。
  2. 沸騰させてアルコールをとばし、弱火で2〜3分煮詰め、火を止めます。ボールにあけ、酢を加えて混ぜておきます。
  3. 手羽先を準備しましょう。手羽先をキッチンペーパーの上に置き、もう1枚をかぶせ手で押さえて水気をしっかり拭き取ります。
  4. ペーパーを取り、塩を振りかけます。軽くたたいて手でなじませます。裏に返して塩を振りかけ、なじませます。
  5. ボールに移して酒、生姜汁を加え両手でよくもみ込みます。しっかり揉み込んだら10分ほど置きます。
  6. キッチンペーパーで軽く水分を拭き取ります。保存袋に片栗粉を入れ手羽先を入れて、よく振って片栗粉をまぶしバットに移しておきます。
  7. 油で揚げましょう。揚げ油を中火で熱し始めます。香り付けにごま油を少量加えます。油の量は肉がほぼ浸かる程度あれば十分です。
  8. 余分な片栗粉を払い落とし、油がまだ冷たいうちに肉を入れます。表面が固まるまで触わらないで揚げます。このように揚げるとまぶした片栗粉がはがれません。
  9. 油の温度が上がってきたら、お玉ですくって肉の上にかけます。途中で油がはねることがありますので気を付けて下さい。
  10. 肉の周りが美味しそうに色付いてきたら裏返すタイミングです。全体に美味しそうな揚げ色が付くまで揚げます。網に取り火を消します。
  11. 熱いうちにボールに移しタレを絡めます。
  12. お皿に盛ります。刷毛でもう一度タレを塗ります。
  13. 炒りごまと粗挽き黒胡椒はたっぷり。粉山椒、一味唐辛子はお好みの量を振りかけます。
レシピのメモ
  • 油が冷たいうちから入れてじっくり加熱すると、美味しそうな揚げ色が付く頃には中まで火が通りジューシーに揚がります。
  • 手軽にたくさん作れるので感謝祭にぜひ作ってみてください。
このレシピを共有する


中華おこわの作り方(豚肉と甘栗を使った具沢山のレシピ)

炊飯器で作る中華おこわです。お肉の香ばしさと栗の甘さがお互い引き立てあってとても美味しいです。

Print Recipe
中華おこわの作り方(豚肉と甘栗を使った具沢山のレシピ)
投票: 1
評価: 4
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
合わせ調味料
分量
人分
材料
合わせ調味料
投票: 1
評価: 4
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. もち米は洗ってざるにあげ 30分水切りします。干しえびはぬるま湯(大さじ2)に30分浸けて戻します。干しえびの戻し汁を計量カップに注ぎます。これに水を加えて180mlにします(米と同量)。
  2. もち米を内釜に入れます。だし汁を加えます。おこわモードで炊きます。おこわモードがない場合は普通に炊いても大丈夫です。
  3. その間に具材の準備をします。戻したえびは粗く刻みます。しめじは石づきを落として割いておきます。
  4. 調味料を合わせます。しょうゆ、オイスターソース、酒、砂糖、こしょう、水を合わせます。よく混ぜておきます。
  5. 1cm角に切った豚肉に酒 しょうゆを加えます。水分がなくなるまでよく揉み込みます。
  6. 次にフライパンにサラダ油少量熱します。豚肉を加えます。肩ロースの角切りはごちそう感がありますが、豚ひき肉を使っても良いです。豚肉に焼き色をつけ返します。
  7. 両面香ばしい焼き色がついたら取り出します。ここでは完全に火が通ってなくても大丈夫です。
  8. 鍋をきれいに拭きます。サラダ油を入れ、再び火をつけます。生姜のみじん切り、戻したえびを入れます。炒めます。
  9. 香りが出たらしめじ加えます。油が回ってしめじがしんなりしてきました。合わせ調味料を混ぜてから加えます。2〜3分煮ます。
  10. 甘栗を加えます。ここで肩ロースも加えます。汁気がほぼなくなるまで煮詰めます。
  11. 最後にごま油を少量回し入れます。こうすると風味よく仕上がります。火を止めて 具材が仕上がりました。
  12. もち米が炊き上がったら。軽く全体をほぐしてください。そして具を内釜に入れます。ご飯が熱いうちに混ぜると混ざりやすいです。
  13. 米粒を潰さないように、具が全体に行き渡るように混ぜます。蓋をして5分蒸らします。
  14. 中華おこわの出来上がりです。大皿に盛り付けます。最後にお好みで青ねぎを散らします。
レシピのメモ
  • もち米を水に浸けたり、蒸したりしない作り方なので手軽に中華風おこわが作れます。
  • 冷めても固くなりにくいのでお弁当にも向いています。
  • おにぎりにしてラップに包んで冷凍しておくと便利ですよ。
このレシピを共有する


鮭の焼き漬けの作り方 レシピ

いつでも手に入る冷凍の鮭を使って焼き漬けを作ります。この料理は新潟県の郷土料理で、その地方でたくさんとれた鮭を保存するため各家庭で作られていました。

Print Recipe
鮭の焼き漬けの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
調味液
分量
人分
材料
調味液
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めに調味液を作ります。小鍋に酒、みりんを入れ、火を点けます。軽く沸騰させて匂いがしなくなるまでアルコールを飛ばします。容器に移します。
  2. 酢、ゆず果汁、出し昆布と赤唐辛子、醤油を加え混ぜておきます。
  3. 柚子の代わりに酸味のある好きな柑橘類を使っても良いです。長ねぎは斜めに浅く切り込みを入れます。切り込みを入れると味が入りやすく食べやすくなります。4㎝長さに切ります。ピーマンは長ねぎと同じ大きさに切ってください。
  4. では鮭の焼き漬けを作ります。鮭に酒を振りかけます。両面にまぶします。
  5. フライパンにサラダ油をひきます。火を点けて長ねぎとピーマンを加えます。油をまわして炒めます。アスパラガス、スナップエンドウ、玉ねぎやきのこ類を使っても美味しいです。
  6. 美味しそうな焼き色が付きました。野菜を調味液に入れます。
  7. キッチンペーパーで鮭の水分を拭き取ります。鮭の両面に薄く小麦粉を振ります。焼き色がきれいに付き調味液がよく絡みます。
  8. 油を加え再び熱します。鮭を入れます。盛り付けた時上になる方を先に焼くと焼き目がきれいに付きます。時々フライパンをゆすって均一に焼き色をつけます。蓋をして弱火でしばらく焼きます。
  9. 焼き色がついたら返します。裏面も焼き色をつけます。グリルで焼くと皮もパリッと焼けてさらにおいしいです。
  10. お皿にとります。上から調味液をかけて冷まします。
  11. 焼き漬けに味が染み込みました。お皿に昆布を敷き昆布の上にねぎをおきます。鮭を斜めに立てかけます。
  12. 長ねぎとピーマンを飾ります。最後に調味液をかけます。
レシピのメモ
  • すぐにでも食べられますが、冷蔵庫で数時間寝かしたものは味が馴染んでさらに美味しいです。
  • 昆布がいい仕事しています。味もしっかり染みこんでご飯にとっても合います。
このレシピを共有する


関西風すき焼きの作り方 レシピ

子供の頃お正月に来客があると決まってすき焼きでした。母が準備をし、父が焼いてくれました。

Print Recipe
関西風すき焼きの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まず材料を切りましょう。焼き豆腐は一口大に切ります。しいたけは軸を切り離し一口大に切ります。えのきだけは根元を切り落とし食べやすく割きます。
  2. 青ねぎの白い部分は斜め切り、青い部分は5cm長さに切ります。玉ねぎは繊維に垂直に1.5cm厚さに切ります。
  3. 糸こんにゃくは半分に切ります。鍋の水を火にかけ、こんにゃくを入れます。30秒ほど茹でます。茹でることで水分が抜け味が染み込みやすくなります。ざるに上げ水気を切ります。
  4. では焼き始めましょう。中火で牛脂を熱し全面に塗ります。火を弱め 底全体に砂糖を振り入れます。
  5. 肉を広げて置きます。半分程度色が変わったらしょうゆを垂らします。卵を溶きます。
  6. 肉を裏返し砂糖としょうゆを絡めます。お肉は今のタイミングが一番美味しいので是非味わって下さい。卵につけて味わいます。
  7. 肉を端に寄せます。カラメル状になった砂糖は次に焼く材料を美味しくしてくれます。焼き豆腐、糸こんにゃく、しいたけ、えのきだけ、玉ねぎ、青ねぎを加えます。
  8. 最後にまた肉を入れます。火加減は中火以下で、こまめに調節します。焦げそうになったら酒を少量回しかけます。
  9. それぞれに砂糖を振りかけ、それぞれにしょうゆを垂らします。酒を少量回しかけます。
  10. 中火で時々返しながら火を通します。できました。煮えた順から卵につけて食べて下さい。
  11. 材料を継ぎ足す方法は青ねぎでお見せします。材料を新しく継ぎ足したらそのたびに調味して下さい。砂糖を振りかけ、しょうゆを加え絡めて出来上がりです。
  12. 十分お野菜をいただいたら最後の締めにおうどんを加えます。ほんの少量の酒 、しょうゆ 、砂糖を加えます。鍋に残っている調味料を吸わせ、卵に浸けていただきます。
レシピのメモ
  • それぞれに砂糖としょうゆで味付けすることは面倒に見えますが味の調節が楽です。
  • 酒が使えない方は水を加えるのではなく、弱火にし材料が持っている水分で作ると美味しいです。
このレシピを共有する


鶏すきの作り方 鶏肉のすき焼きレシピ

すき焼きには普通牛肉が使われますが、鶏肉でもとっても美味しくできます。

Print Recipe
鶏すきの作り方 鶏肉のすき焼きレシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
割り下
分量
人分
材料
割り下
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めに鶏肉を下ゆでします。鶏もも肉を一口大のそぎ切りにします。同じ厚さになるように切ってください。鶏肉を熱湯に入れます。
  2. 表面が白くなるまでさっと茹でます。トレイに取ります。アクや臭みが取れていっそう美味しくなります。
  3. 割り下を作ります。鍋にしょうゆ、砂糖、酒、水を合わせます。出し昆布を入れます。昆布はなければ省いても大丈夫です。火をつけて混ぜます。砂糖が溶けたら火からおろします。冷めたら昆布は取り出してください。
  4. 次に材料を切ります。長ねぎは斜め切りにします。春菊は柔らかい上半分と下の葉を使います。
  5. こちらは残りの食材で、えのきだけ、しめじ、焼き豆腐、軽くゆでて食べやすい長さに切ったしらたきです。
  6. それでは鶏すきを作ります。浅い鍋に割り下を入れます。火をつけて軽く沸騰させます。
  7. しらたき、1.5cmの厚さに切った焼き豆腐、長ねぎを入れます。えのきだけ、しめじも加えます。鶏肉を入れます。
  8. 具材を返し割り下を染み込ませます。鶏肉は固くなりやすいので煮過ぎないでください。
  9. 鶏肉に火が通ったら春菊を加えます。さっと煮汁に絡ませてできあがりです。
  10. 具材を卵につけて鶏すきを存分にお楽しみください。
レシピのメモ
  • 日本ではすき焼きを味わう際、生卵は欠かせないものとなっています。手持ちの卵が生で食べられるか分からない時は、パスチャライズド(pasteurized) エッグを試してみてください。
  • 最後にうどんを加えて煮ると残った汁を最後までお楽しみいただけます。
このレシピを共有する


ステーキとガーリックソースのレシピ 作り方

にんにくたっぷりのステーキを食べて元気もりもり!

Print Recipe
ステーキとガーリックソースのレシピ 作り方
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
ガーリックソース
分量
人分
材料
ガーリックソース
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まずソースの材料を合わせます。しょうゆ、みりん、酒、おろしにんにくを合わせます。混ぜておきます。
  2. オリーブ油をフライパンに入れ、粗みじん切りにしたにんにくを加えます。弱火で焼きます。フライパンを傾けて油に浸かるようにします。キツネ色になったら取り出しておきます。
  3. 肉の下ごしらえをします。肉の裏面に浅い切り込みを入れます。初めの切れ込みに対して直角に刃を入れ、格子状に切れ込みを入れます。両面に軽く塩 こしょうをします。肉は焼く20〜30分前に冷蔵庫から出して室温に戻しておきます。
  4. 強火にします。ガーリックオイルは小さじ1ほど残して取り出します。肉をフライパンにのせます。表を先に焼くと、盛り付けた時きれいな焼き目が上に来ます。
  5. 強火で1分ほど焼いて焼き色をつけて返します。裏は強火で10秒焼きます。その後弱火にし10秒焼きます。その後弱火にし10秒焼きます。取り出して網に置きます。
  6. 熱いフライパンを濡れた布巾の上において冷まします。フライパンに焦げたものがあれば、キッチンペーパーで取り除きます。アルミホイルをかけます。5分くらいおいて肉汁を閉じ込めます。
  7. 合わせたソースをフライパンに加えます。火にかけて沸騰させます。少しとろみがでるまで混ぜて煮詰めます。ガーリックソースのできあがりです。器に取り出します。
  8. ステーキの肉汁が落ちついた頃です。肉は食べやすい幅に切ります。ステーキの肉汁が落ちついてから切ることで、肉汁が流れ出るのを防ぐことができます。
  9. お皿にステーキを盛り付けます。ほうれん草と茹でたミックスベジタブルが添えてあります。フライドガーリックを散らします。にんにくソースをかけておいしいステーキを召し上がれ!
レシピのメモ
  • ステーキ用牛もも肉を使用しましたが、サーロインやヒレでも美味しくいただけます。
  • 裏に格子状の切り込みを入れたのでとても柔らかく、みなさんおいしくいただけると思います。
このレシピを共有する


肉団子甘酢ソースれんこん入りの作り方 レシピ

冷めても柔らかくてれんこんの食感が楽しい肉団子です。作り置きしておくとお弁当のおかずにとっても重宝しますよ。

Print Recipe
肉団子甘酢ソースれんこん入りの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
下準備 10
調理 30
分量
個分
材料
甘酢だれ
下準備 10
調理 30
分量
個分
材料
甘酢だれ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めにれんこんの下準備です。れんこんはきれいに水洗いし 皮ごとすりおろします。すりおろしたれんこんは約50gです。
  2. れんこん100gをスライスします。粗みじんに切ります。
  3. たれを作ります。酢、酒、砂糖、しょうゆを合わせます。溶かしておきます。
  4. 肉団子の材料を合わせます。ボウルに豚挽き肉を入れ塩こしょうします。しょうゆ、酒を加えます。手でつかんで材料を混ぜ込みます。その後、指を広げて粘り気が出るまでしっかり練ります。こうすると他の具材を入れてもばらけにくくなります。
  5. しょうがのみじん切り、長ねぎ粗みじん切り、すりおろしたれんこん、粗みじん切りのれんこんを加えます。片栗粉、ごま油も加えます。つかむように混ぜ込みます。脂が少なくて固くなりがちな肉でも、おろしたれんこんを入れると柔らかに仕上がります。シャキシャキッとしたれんこんの食感も楽しいです。
  6. よく混ぜ合わさったら、ざっとピンポン球くらいの大きさに取って並べます。約12個の肉団子ができます。グローブを外します。手にサラダ油をつけ手のひらでくるくる回して団子の表面をきれいにします。
  7. 肉団子を揚げます。揚げ油が170℃に温まったら一旦弱火にします。油の中に丸めた肉団子を並べていきます。入れ終わったら中火にします。表面が固まるまで触らないようにします。時々鍋を揺すって鍋底に当たっている部分が焦げないようにします。
  8. 表面が固まったら時々返します。全体が色づくように返しながら5〜6分揚げます。 表面がこんがり色づいてきます。肉団子を引き上げてクーリングラックに取ります。
  9. 肉団子にたれを絡ませます。新しい鍋を中火にかけます。合わせたたれを軽く混ぜて鍋に入れます。しばらく煮詰めます。少しとろみが出てきたら肉団子を入れます。たれを絡ませます。
  10. 甘酢ソースと一緒に肉団子をお皿に取ります。
レシピのメモ
  • お好みで七味唐辛子や粉山椒はもちろんのこと、木の芽がある季節はたっぷり刻んで最後に加えてください。
  • この肉団子はお弁当の材料にぴったりですが、弁当箱に詰める時は冷ましてから詰めてくださいね。
  • 最後に肉団子は作り置きして冷蔵庫や冷凍庫にストックしておくと大変便利ですよ。
このレシピを共有する