豆腐ステーキキノコソースの作り方 レシピ

季節のきのこをたっぷり使った豆腐のステーキをつくります。ご飯が進みますよ!

Print Recipe
豆腐ステーキキノコソースの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 材料を準備しましょう。しめじは石突きを切り落とし小房に分けます。
  2. えのきだけは石突きを切り落とし、長さを半分に切ります。きのこは椎茸や舞茸もおすすめです。
  3. にんにくの根元を切り落とします。包丁の腹で叩きつぶして粗みじんに切ります。
  4. 豆腐は600Wの電子レンジで1分間水切りしたものです。キッチンペーパーを外し別のペーパーで水気をよく拭きます。
  5. 軽く塩、コショウし、小麦粉を振りかけます。裏も水気を拭き取ります。塩、コショウ、小麦粉を振りかけます。
  6. フライパンにごま油を加えて火をつけます。豆腐を入れ焼き色をつけます。
  7. 裏返して裏も同様にきれいな焼き色をつけます。取り出してお皿に盛ります。
  8. 同じフライパンにごま油を足し火をつけ、ニンニクと唐辛子を入れて香りが出るまで炒めます。
  9. しめじ、えのき茸を入れて更に炒めます。
  10. みりん、醤油を加え、混ぜて均一に味をつけます。
  11. きのこソースを豆腐にかけ、最後に万能ねぎを散らします。
レシピのメモ
  • きのこの種類によってはとろみかげんが弱いことがあります。とろみをつける場合、少量の水溶き片栗粉やコーンスターチを加えて下さい。
  • 豆腐ステーキをご飯にのせて丼にすることもできますよ。
このレシピを共有する


中華おこわの作り方(豚肉と甘栗を使った具沢山のレシピ)

炊飯器で作る中華おこわです。お肉の香ばしさと栗の甘さがお互い引き立てあってとても美味しいです。

Print Recipe
中華おこわの作り方(豚肉と甘栗を使った具沢山のレシピ)
投票: 1
評価: 4
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
合わせ調味料
分量
人分
材料
合わせ調味料
投票: 1
評価: 4
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. もち米は洗ってざるにあげ 30分水切りします。干しえびはぬるま湯(大さじ2)に30分浸けて戻します。干しえびの戻し汁を計量カップに注ぎます。これに水を加えて180mlにします(米と同量)。
  2. もち米を内釜に入れます。だし汁を加えます。おこわモードで炊きます。おこわモードがない場合は普通に炊いても大丈夫です。
  3. その間に具材の準備をします。戻したえびは粗く刻みます。しめじは石づきを落として割いておきます。
  4. 調味料を合わせます。しょうゆ、オイスターソース、酒、砂糖、こしょう、水を合わせます。よく混ぜておきます。
  5. 1cm角に切った豚肉に酒 しょうゆを加えます。水分がなくなるまでよく揉み込みます。
  6. 次にフライパンにサラダ油少量熱します。豚肉を加えます。肩ロースの角切りはごちそう感がありますが、豚ひき肉を使っても良いです。豚肉に焼き色をつけ返します。
  7. 両面香ばしい焼き色がついたら取り出します。ここでは完全に火が通ってなくても大丈夫です。
  8. 鍋をきれいに拭きます。サラダ油を入れ、再び火をつけます。生姜のみじん切り、戻したえびを入れます。炒めます。
  9. 香りが出たらしめじ加えます。油が回ってしめじがしんなりしてきました。合わせ調味料を混ぜてから加えます。2〜3分煮ます。
  10. 甘栗を加えます。ここで肩ロースも加えます。汁気がほぼなくなるまで煮詰めます。
  11. 最後にごま油を少量回し入れます。こうすると風味よく仕上がります。火を止めて 具材が仕上がりました。
  12. もち米が炊き上がったら。軽く全体をほぐしてください。そして具を内釜に入れます。ご飯が熱いうちに混ぜると混ざりやすいです。
  13. 米粒を潰さないように、具が全体に行き渡るように混ぜます。蓋をして5分蒸らします。
  14. 中華おこわの出来上がりです。大皿に盛り付けます。最後にお好みで青ねぎを散らします。
レシピのメモ
  • もち米を水に浸けたり、蒸したりしない作り方なので手軽に中華風おこわが作れます。
  • 冷めても固くなりにくいのでお弁当にも向いています。
  • おにぎりにしてラップに包んで冷凍しておくと便利ですよ。
このレシピを共有する


関西風すき焼きの作り方 レシピ

子供の頃お正月に来客があると決まってすき焼きでした。母が準備をし、父が焼いてくれました。

Print Recipe
関西風すき焼きの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まず材料を切りましょう。焼き豆腐は一口大に切ります。しいたけは軸を切り離し一口大に切ります。えのきだけは根元を切り落とし食べやすく割きます。
  2. 青ねぎの白い部分は斜め切り、青い部分は5cm長さに切ります。玉ねぎは繊維に垂直に1.5cm厚さに切ります。
  3. 糸こんにゃくは半分に切ります。鍋の水を火にかけ、こんにゃくを入れます。30秒ほど茹でます。茹でることで水分が抜け味が染み込みやすくなります。ざるに上げ水気を切ります。
  4. では焼き始めましょう。中火で牛脂を熱し全面に塗ります。火を弱め 底全体に砂糖を振り入れます。
  5. 肉を広げて置きます。半分程度色が変わったらしょうゆを垂らします。卵を溶きます。
  6. 肉を裏返し砂糖としょうゆを絡めます。お肉は今のタイミングが一番美味しいので是非味わって下さい。卵につけて味わいます。
  7. 肉を端に寄せます。カラメル状になった砂糖は次に焼く材料を美味しくしてくれます。焼き豆腐、糸こんにゃく、しいたけ、えのきだけ、玉ねぎ、青ねぎを加えます。
  8. 最後にまた肉を入れます。火加減は中火以下で、こまめに調節します。焦げそうになったら酒を少量回しかけます。
  9. それぞれに砂糖を振りかけ、それぞれにしょうゆを垂らします。酒を少量回しかけます。
  10. 中火で時々返しながら火を通します。できました。煮えた順から卵につけて食べて下さい。
  11. 材料を継ぎ足す方法は青ねぎでお見せします。材料を新しく継ぎ足したらそのたびに調味して下さい。砂糖を振りかけ、しょうゆを加え絡めて出来上がりです。
  12. 十分お野菜をいただいたら最後の締めにおうどんを加えます。ほんの少量の酒 、しょうゆ 、砂糖を加えます。鍋に残っている調味料を吸わせ、卵に浸けていただきます。
レシピのメモ
  • それぞれに砂糖としょうゆで味付けすることは面倒に見えますが味の調節が楽です。
  • 酒が使えない方は水を加えるのではなく、弱火にし材料が持っている水分で作ると美味しいです。
このレシピを共有する


和風カルボナーラの作り方 レシピ

カルボナーラを少しアレンジしたレシピです。卵が固まらないように気をつけて作ります。卵、チーズ、ベーコンにピリッと塩コショウがきいて美味しいですよ。

Print Recipe
和風カルボナーラの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. ベーコンは7mm角の棒状に切ります。今回はスライスされたものではなく、ベーコンのブロックを使用しました。
  2. 卵にパルメザンチーズ、牛乳、黒こしょうを合わせしっかり混ぜておきます。
  3. フライパンにつぶしたにんにく、オリーブオイルを入れ中火にかけます。鍋が温まったら弱火にしニンニクの香りが出るまで炒めます。
  4. ベーコンを加え香ばしく色づくまで炒めます。
  5. 白ワインを加えて鍋をゆすってください。乳化して少しとろみが出たら火を切ります。
  6. 次にパスタを茹でます。たっぷりの水に約0.7%の食塩を加えて沸かします。ベーコン チーズに塩気があるので、パスタは控えめの塩加減で茹でてください。スパゲッティを入れます。表示時間より30秒短く茹でます。
  7. 茹で上がったら先ほどのフライパンにトングで移します。鍋の火は消しておきフライパンの火をつけます。スパゲッティにソースが絡めます。
  8. 熱くなったら卵液のボールに入れて和えます。和えても卵にとろみがつかない場合は更に湯煎で温めます。できました。
  9. トロッとしたら器に盛りつけます。万能ネギを振りかけパルメザンチーズと黒コショウを振りかけます。
レシピのメモ
  • ソースをフライパンで加熱しないので、卵に火が通り過ぎず 火加減の調整が楽です。
  • 濃厚なカルボナーラにしたい場合は、牛乳を生クリームにかえ、全卵の替りに卵黄を使って下さい。
このレシピを共有する


カレーうどんの作り方 濃いめのだしを使った絶品レシピ

だしのきいた和風カレーでいただくとても美味しいカレーうどんです。

Print Recipe
カレーうどんの作り方 濃いめのだしを使った絶品レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
下準備 10
調理 30
分量
人分
材料
うどんだし
水溶き片栗粉
下準備 10
調理 30
分量
人分
材料
うどんだし
水溶き片栗粉
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めに材料の下準備です。玉ねぎは縦半分に切り 横1cm幅に切ります。にんじんは4cm長さ幅2mmの薄切りにします。しめじは手でほぐしておきます。長ねぎは2cm長さの斜め切りにします。
  2. カレーうどん用のカレーを作ります。鍋にサラダ油を少量入れ火をつけます。斜めに切ったねぎを入れます。ねぎは焼くと甘くて柔らかくなります。焼き色がついたら取り出します。
  3. サラダ油を加え鍋を温めます。玉ねぎ 人参 しめじを加えます。軽く炒めます。油がまわったら肉を加えます。しばらく炒めます。
  4. 肉の色が変わったら弱火にします。カレー粉を加えます。炒めて香りを出します。カレー粉は焦げやすいので火を消すか極弱火にしてください。
  5. だし汁を加えます。カレーの風味に負けないように濃いめのだしを使うことをお勧めします。砂糖、うす口しょうゆか濃口しょうゆを加えます。軽く混ぜます。カレーのきれいな色を出すためうす口しょうゆを使いましたがもちろん濃口しょうゆでも大丈夫です。
  6. 中火で煮ます。アクが出たら取り除きます。野菜が煮えたら弱火にします。水溶き片栗粉をよく混ぜて少しずつ加えます。火が強すぎると片栗粉がすぐにかたまってしまい均一にならないので注意してくださいね。
  7. 少しとろみがつきました。中火で一煮立ちさせます。焼いたねぎを加えます。だしのきいた和風カレーのできあがりです。
  8. カレーうどんを作ります。沸騰しているお湯に冷凍うどんを入れます。軽くうどんをほぐします。30秒ほどゆでます。
  9. ざるに取ります。しっかり水気を取り除き器に入れます。
  10. うどんに熱々の和風カレーをかけます。青ねぎを盛ってできあがりです。
レシピのメモ
  • うす口しょうゆは通常のしょうゆより塩分が濃く色が薄いのが特長です。色が濃くなりにくいため素材の色を生かしたい時によく使われます。
  • 海外ではみりんが手に入りにくい場合もあるため、今回はあえてみりん使わないレシピにしました。より多くの方にこのカレーうどんを楽しんでもらえると思います!
このレシピを共有する