炒り豆腐の作り方 レシピ

身近な材料でさっと作れてみんな大好きな味の炒り豆腐を作ります。ふわっと口当たりが良くてとても美味しいです。

Print Recipe
炒り豆腐の作り方 レシピ
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
料理 日本
分量
人分
材料
料理 日本
分量
人分
材料
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 絹さやの筋を取ります。スナップエンドウやさやいんげんも使えます。水っぽくならないように熱湯に塩を少し入れます。筋を取った絹さやを1分ほどゆでます。ざるに上げます。
  2. 同じ湯で豆腐をゆでます。このように手で割いて入れます。下ゆでは豆腐の水切りのためと、味の染み込みを良くします。
  3. 中まで熱くなったらざるに取ります。
  4. 材料を切ります。ゆでた絹さやは斜め1cm幅に切ります。にんじんは4cm長さにスライスし太めの千切りにします。
  5. 戻した干し椎茸を軽く絞ります。戻し汁は出汁として使うので取っておきます。軸を切り取ります。しいたけのかさを細く切ります。
  6. 鶏肉は1cm角の大きさに切ります。長ねぎは小口切りにしておきます。
  7. 炒り豆腐を作ります。フライパンにごま油を熱します。長ねぎを入れます。周りが少し色づいていい香りがしてくるまで炒めます。
  8. にんじんを入れます。次に干し椎茸を入れます。
  9. 全体に油が回ったら鶏肉を入れ炒めます。
  10. 肉に火が通りました。キッチンペーパーで豆腐の水をとります。豆腐を加えほぐしながら炒めます。
  11. ここで豆腐に軽く塩で味つけます。健康志向の方は入れなくてもいいですが、しっかり味が好みの方はひとつまみ入れるとグッと美味しくなります。強火で炒りつけ水分を飛ばします。
  12. 砂糖、塩、しょうゆ、出汁として椎茸の戻し汁を加えます。旨味の濃い椎茸の戻し汁は大さじ2〜3あれば十分です。たくさん入れると水分を飛ばす時間が長くなります。
  13. しっかり炒めて水分を飛ばします。溶き卵をまわし入れます。
  14. 周りが固まり始めたら大きくそっと混ぜます。絹さやを加えさっとひと混ぜします。
  15. できあがりです。器によそいます。
レシピのメモ
  • お弁当に入れる場合は、しっかり炒りつけて水分を飛ばし卵は完全に火を通してください。
  • 干し椎茸は水に浸けて一晩冷蔵庫で戻します。戻した状態で冷凍しておくと使い勝手が良いですよ。
このレシピを共有する



マンゴープリンの作り方 レシピ

完熟マンゴーを使って絶品のマンゴープリンを作ります。濃厚で香りが良くてもうマンゴープリン大好きです。

Print Recipe
マンゴープリンの作り方 レシピ
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 インド, 中国
分量
個分
材料
トッピング
コース デザート
料理 インド, 中国
分量
個分
材料
トッピング
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. マンゴープリンを作ります。鍋に水を入れ温めます。鍋の底全体からふつふつ泡が出始めたら火から下ろします。
  2. 砂糖を加えて溶かします。マンゴーの種類により甘さが変わるので、砂糖の量は調節して下さいね。
  3. ゼラチンを振り入れ完全に溶かします。ゼラチンはいろんな種類があるのでパッケージの指示に従って下さい。
  4. これをマンゴーピュレに加えてよく混ぜます。生クリームも加えてよく混ぜます。
  5. お好みでレモン果汁を加えます。酸味が強い場合は加える必要はありません。
  6. 容器5個に注ぎます。冷蔵庫で2時間以上冷やします。急ぐ場合は冷凍庫に40〜50分入れてください。
  7. すっかり冷えて固まりました。軽くホイップした生クリームを加えます。
  8. 次にマンゴーを平らな種にそって切り、果肉に格子状に切り目を入れます。皮を切らないように注意して下さい。こちらは宮崎県産のマンゴーです。甘くてジューシーですが高価なので、今日はトッピングのみに使いました。
  9. 中央で縦方向に切り離し皮をはがします。とっても美味しそう!
  10. サイコロ状の完熟マンゴーをのせて、最後にミントの葉を飾ります。
レシピのメモ
  • 今回使用したゼラチンは広く市販されているもので80℃前後の熱い液体に直接振り入れて使用できるタイプのものです。それぞれのゼラチンの使用方法にしたがってお使い下さい。
  • マンゴーのきれいな色を生かすために牛乳は使わず、生クリームも最小限にとどめました。
  • やっと固まる程度のゼラチンの量ですからプルプルな食感です。
このレシピを共有する



さばのみそ煮の作り方 レシピ

旬の鯖を使って定番のさばのみそ煮を作ります。白いご飯に合いますよ。

Print Recipe
さばのみそ煮の作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
料理 日本
分量
人分
材料
  • 落とし蓋 穴を所々あけたアルミホイルかクッキングシートで代用
料理 日本
分量
人分
材料
  • 落とし蓋 穴を所々あけたアルミホイルかクッキングシートで代用
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まずさばの準備をしましょう。骨抜きで血合い骨を抜きます。
  2. 表に返して2切れに切り分け、皮に斜めの切り込みを入れます。
  3. たっぷりの熱湯に水を加えて沸騰を押さえます。さばを網じゃくしにのせてさっと湯の中にくぐらせます。表面が白く変わったらすぐ氷水に落とします。もう一切れも同じようにやります。
  4. さばの表面を優しく洗い、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ります。こうするとさばの生臭みや表面のぬめりはきれいに取れます。
  5. さばを煮ましょう。分量の水を入れたフライパンに酒、砂糖、みりんを加えます。みそ半分をお玉の中で溶かしてから、だまが残らないように加えます。火をつけ沸騰させます。
  6. 皮目を上にして煮汁に入れます。再び沸騰させ、アクが出てきたらをすくい取ります。
  7. 生姜薄切り、長ねぎの青い部分を入れます。これらは魚の臭みを取ります。
  8. まんべんなく煮汁が回るように水で濡らした落とし蓋をします。中火で5分煮ます。
  9. 蓋を取り、ねぎの青い部分を取り出します。お玉で煮汁をすくって残りのみそを溶かし、鍋に戻します。みそを2回に分けて入れることにより、味噌の香りを残すことができます。
  10. ピーマンを加え、蓋をして2〜3分煮ます。
  11. 蓋を取り、ピーマンの色があせないうちに取り出します。お玉で煮汁をかけ、蓋をしないで煮詰めます。
  12. 火を消し、お皿にのせます。ピーマンを添え、煮汁をたっぷり注ぎます。最後に白髪ねぎを飾ります。
レシピのメモ
  • 落とし蓋は穴を開けたアルミホイルかクッキングシートでも代用できます。この場合、軽いお皿のような重しを置いた方が良いです。
  • 白髪ねぎの作り方は焼豚ラーメンのビデオをご覧下さい。
このレシピを共有する



コーヒーゼリーの作り方 レシピ

美味しいコーヒーを淹れて冷たくてのどごしのいいデザート、コーヒーゼリーを作ります!挽きたての豆で作るコーヒーゼリーは格別です。暑い夏を涼しく過ごすのにぴったりのデザートです。

Print Recipe
コーヒーゼリーの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 日本
分量
人分
材料
コース デザート
料理 日本
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 美味しいコーヒーをいれるために豆を挽きましょう。手挽きコーヒーミルは楽しくて、実際に豆を挽いている感覚を味わえますよ。
  2. 挽いた粉はフィルターをセットしたドリッパーに入れます。軽く叩いて表面を平らにします。コーヒーは約90℃のお湯で淹れます。ゆっくり粉全体に行き渡る程度のお湯を注ぎます。30秒間蒸らします。
  3. ゆっくり熱湯を注ぎます。
  4. コーヒーが250mlになるまでゆっくり注ぎ続けます。最後まで落とすと苦みや渋みが出てしまうので、全部落ちる前にドリッパーを外します。
  5. 次にボウルに砂糖を入れコーヒーを注いで砂糖を溶かします。ゼラチンパウダーを加え、よく混ぜて溶かします。
  6. 冷やした四角い型に注ぎ、表面に泡があったら取り除きます。粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかり固めて下さい。
  7. ゼリーがしっかり固まったらご覧のようにさいころ状に切ります。外しやすくするために型の底を軽く温めます。
  8. いったんボウルにあけます。スプーンでそれぞれのカップに入れます。少量の生クリームをかけます。もう一方は泡立てた生クリームを置き、ココアパウダーを振りかけてできあがりです。
レシピのメモ
  • 生クリームの代わりに牛乳、エバミルク、練乳でも美味しく頂けます。
  • 必ずよく冷やして下さい。温まると溶けてきます。
  • コーヒーの香りとつるんとした食感がとても美味しいです。
このレシピを共有する



フレンチトーストの作り方 レシピ

和テイストのフレンチトーストを作ります。栄養価たっぷりのきな粉と沖縄産の黒蜜をたっぷりかけます。皮はパリッ!中はもっちりのフレンチトーストはとても美味しいですよ。

Print Recipe
フレンチトーストの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート, 朝食
料理 フランス
分量
人分
材料
コース デザート, 朝食
料理 フランス
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. カスタード液を作ります。卵はしっかりと溶きます。箸の先を底に付けて泡立たないようにします。砂糖を加えて溶かします。
  2. 牛乳とバニラエクストラクトを加えます。均一に混ぜてください。牛乳は豆乳にかえてもいいですよ。
  3. バットに2.5cmに厚さに切ったバケットを並べ、カスタード液を上からかけます。両面しっかりと絡ませてください。3〜5分ほどおきます。
  4. こちらは黒蜜といって黒砂糖から作られるシロップです。濃厚で和菓子によく使用されます。
  5. バケットをトングで横からぎゅっとはさんで、裏に返します。トングでぎゅっとはさむとカスタード液が速く中まで入ります。さらに5分ほどおきます。
  6. フレンチトーストを作ります。フライパンを弱火にかけ無塩バターを加えます。
  7. バターが溶けたらバゲットを入れます。盛り付けた時上になる方から焼くと焼き色がきれいです。蓋をして弱火で美味しそうな焼き色が付くまで焼きます。
  8. 裏に返します。裏面は蓋をせずに弱火で焼きます。
  9. 両面がこんがり焼けたらお皿に盛りつけます。彩りに苺を添えましたがオレンジやキウィも良いです。アイスクリームを添えます。
  10. きなこを振りかけ、最後に黒蜜をかけます。黒蜜はとっても濃厚で美味しいですよ。
レシピのメモ
  • カスタード液に浸ける時間は、長くても10分ぐらいが中がもっちりしていて美味しいと思います。長時間浸けると中がふにゃふにゃになります。
  • きな粉と黒蜜かけるとこれはもう和菓子のようでこれはもうやみつきになります。
このレシピを共有する



マドレーヌの作り方 レシピ

焼きたてのマドレーヌは表面がカリッとし中はしっとり、バターの香りいっぱいのリッチでとてもおいしいお菓子です!

Print Recipe
マドレーヌの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 フランス
分量
材料
コース デザート
料理 フランス
分量
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. ボウルに熱湯を張り、バターを入れたボウルを浸けます。人肌程度に温めます。
  2. 次に卵を溶きほぐします。卵はあらかじめ室温に戻しておいてください。砂糖を加えてよく混ぜます。この時泡立てないように砂糖を溶かしてください。
  3. レモンの皮のすりおろしを加えます。防カビ剤など食品添加物の使われていないレモンを使用してください。はちみつを加えます。よく混ぜます。
  4. ベーキングパウダーを薄力粉に加えて混ぜます。これをふるいにかけます。この薄力粉を卵液に加えます。真ん中から少しづつ混ぜていきます。こうするとダマができにくいです。
  5. 人肌程度の溶かしバターを徐々に加えます。熱すぎるとベーキングパウダーが反応してしまうので気をつけてください。
  6. 室温で30分ほど休ませます。室温が高い場合は冷蔵庫で休ませます。
  7. 朝顔型のマドレーヌの型を使います。型が薄い場合は途中倒れたり開いたりするので、手持ちの型に入れて固定してください。しっかりした型を使用したり、専用のマドレーヌ貝型を使用しても良いです。
  8. 休ませた生地を型に入れます。たくさん作る時は絞り袋に入れると速く入ります。はかりを使って生地の量が同じになるよう調節することをお勧めします。それぞれの焼き色がそろいきれいに仕上がります。
  9. 180℃に予熱したオーブンに入れ170℃で15〜16分焼きます。
  10. 天板を取り出し鍋敷きに置きます。アルミ製の型はつけたままクーリングラックに乗せて粗熱を取ります。
レシピのメモ
  • 卵は室温に戻したものを使用してください。
  • はちみつが固まっている場合は、レンジで軽く温めると卵液と混ざりやすくなります。
  • レモンの香りがほのかにするリッチなお菓子です。
このレシピを共有する



卵焼きの作り方(厚焼き卵のレシピ)

お弁当や朝ごはんのおかずに大変重宝する卵焼きを作ります。彩りに三つ葉を入れてみました。卵焼き器がなくても小さいフライパンでこんなふうに焼けます。簡単で美味しいですから是非作って下さいね。

Print Recipe
卵焼きの作り方(厚焼き卵のレシピ)
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
分量
人分
材料
分量
人分
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. まず材料を準備しましょう。三つ葉は1㎝長さに切ります。三つ葉の代わりに青ねぎでも大丈夫です。
  2. だし汁に砂糖、醤油、塩二つまみを加え、スパチュラでよく混ぜて砂糖を溶かします。
  3. 卵はよく溶きほぐします。ここに合わせただし汁と三つ葉を加え、均一に混ぜます。
  4. 卵焼きを作りましょう。卵焼き器を熱しオリーブオイルを多めに塗ります。菜箸で卵液を落としジュッとすぐ固まるのを確認します。
  5. レードルで卵を流し入れ素早く広げます。
  6. 表面がほぼ乾いてきたら手前に巻きます。
  7. 巻いた卵を向こうに寄せて、あいた場所に油を塗ります。
  8. 卵液を落としジュッというのを確認し、レードル1杯の卵液を入れて広げます。巻いた卵を浮かせて下にも流し込みます。
  9. 卵液がほぼ固まったら、向こう側の卵を芯にして手前に巻きます。向こうにすべらせまた油をひきます。
  10. 合計4回くらいに分けて焼きます。卵を一度にたくさん入れると表面が乾く前に底が焦げてしまいます。卵が膨れてきたら菜箸でつついて穴を開け平らにします。
  11. 最後に卵焼き器の側面に軽く押しつけて形を整えます。
  12. まな板に取ります。6等分に切ります。熱いうちに切ると崩れやすいので粗熱が取れてから切ります。
  13. 器に盛り軽く水気を切った大根おろしを添え、醤油をかけます。卵焼きと一緒にいただくとさっぱりして美味しいです。
レシピのメモ
  • 三つ葉の代わりに明太子や青のりも良いです。
  • 卵焼き器がなくても小さいフライパンで焼けます。
  • 手軽に作れて彩りも良く栄養面でも優れているので、お弁当のおかずに最適で、朝食のおかずにも度々登場します。
このレシピを共有する



美味しいカステラの作り方 (しっとりもっちりのレシピ)

しっとり、もっちり、おいしいカステラをアルミホイルを巻いた箱で作ります。

Print Recipe
カステラの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 日本
分量
個(19x19x8cm)
材料
コース デザート
料理 日本
分量
個(19x19x8cm)
材料
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. アルミホイルで覆った紙箱にクラフト紙を敷き、底にザラメを散らします。
  2. ハンドミキサーで卵を軽く溶きほぐします。砂糖を加えて混ぜます。
  3. 湯せんにかけてゆっくり温めます。人肌程度に温まったら取り出し火を止め、水の入った容器を入れて温めます。
  4. 高速で白くもったりするまで約8分間泡立てます。ミキサーを持ち上げて落とした時、模様が消えないで残るこの程度の固さです。
  5. ハチミツに温めた湯を加えて溶き、これを加えてさらに1分間 高速で泡立てます。低速に切り替え艶が出てきめが細かくなるまで約1分間混ぜます。
  6. 粉を全体に散らして加え、中速で約2分滑らかになるまで混ぜます。
  7. 2〜3回ボウルを落として泡を消します。生地を型に流し込みます。スパチュラを縦横に切るように動かし泡を消します。
  8. 予熱したオーブンに入れます。最初の15分は170℃、その後160℃に落としてさらに約50分焼きます。オーブンはそれぞれくせ(個体差)があるので温度と時間は目安にして下さい。
  9. 竹串を刺します。少ししっとりしているくらいがベストです。串が乾いた状態まで焼くと しっとりした食感にはなりにくいです。しっとり感が命なので焼き過ぎには気をつけましょう。
  10. オーブンから取り出しカウンターに2〜3回落とします。焼き縮みを防ぐためです。ラップを貼り付けたトレーをかぶせます。上下を返します。
  11. トレーをかぶせる前に、立ち上がった型紙の四隅に切り込みを入れて外側に折っておくと、カステラの表面に敷き紙の跡が残らずきれいに仕上がります。型を外します。
  12. ラップを十字にかけ完全に覆います。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて1日おきます。1日経った方がしっとりして大変美味しいです。
  13. 器に盛りましょう。ていねいにペーパーを剥がし 端を切り落とします。ナイフは切る度に濡れた布巾で拭くと切り口がきれいです。
  14. 半分に切り、さらに3cm幅に切ります。お皿に並べます。
カステラを焼く型の自作
  1. カステラを焼く型を自作する方法です。こちらは4つ切り込みを入れたクラフト紙です。
  2. 厚紙の箱はアルミホイルで包んであります。
  3. 包み方はまず丁寧に帯状のアルミホイルを巻きつけます。
  4. 交差するようにもう一枚を巻きつけます。四角い型がない場合はこのように自分で作れます。
レシピのメモ
  • 中力粉、薄力粉でもできますが、しっとりもっちりした食感を出すには強力粉が向いています。
  • 日持ちは冷蔵庫で1週間、冷凍すれば1ヶ月は美味しくいただけます。
  • お茶はもちろんコーヒー、紅茶にもよく合うのでどんなシーンにも喜ばれます。
このレシピを共有する



ごま団子の作り方(芝麻球のレシピ)

中華のお菓子ごま団子を作ります。日本でもおなじみでとても美味しいので人気があります。外側のごまはサクサク、揚げた餅とあんの相性が良いのでついつい手が伸びます。

Print Recipe
ごま団子の作り方(芝麻球のレシピ)
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 中国
分量
個分
材料
あんのアレンジ
コース デザート
料理 中国
分量
個分
材料
あんのアレンジ
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 初めにもち粉の真ん中をあけ、そこに砂糖を加えます。水の約半量を加え砂糖を溶かします。
  2. 周りの粉を崩しながら残りの水も徐々に加えます。生地は固すぎても柔らかすぎても扱いにくいので様子を見ながら加えます。粉と水がしっかりなじむまでこねます。
  3. 手にごま油をつけて取り出します。台の上で棒状にのばします。5等分に切り丸めます。
  4. 丸めた生地の真ん中を押して穴を作ります。あん玉が入る大きさまで広げます。
  5. あんを入れて包みます。あんを入れてくるんでとじます。
  6. 生地が均一な厚さになるようにして丸く形を整えます。残りのあんも同様に包みます。
  7. 団子にほんの少し水をつけ、ごまをまぶします。
  8. 最後にごまが剥がれないように軽く握ります。生地が柔らかい場合は濡らさなくてもよく付きます。同様にごま団子を5つ作ります。
  9. ではごま団子を揚げます。揚げ油を140〜150℃に熱し団子を入れます。菜箸で転がしながら揚げます。こうすると 丸く膨らみ均一な揚げ色になります。
  10. 初めてのデートの時のように優しく扱ってくださいね。そうでないとごまが剥がれてしまいます。4〜5分揚げたら火を強めます。
  11. はじめは低温でじっくり揚げ、最後に温度を上げてカラッとさせるのが上手に揚げるコツです。油の温度が高いと、中まで火が通る前に周りのごまが先に焦げてしまいます。
  12. きれいな色がついたら出来上がりです。取り出して油を切ります。
レシピのメモ
  • あんにクルミやすりごまを混ぜたごま団子もとても美味しいので是非作ってみてください。
  • あんの代わりにかぼちゃやさつまいものペーストでも作れます。
  • 揚げたての団子はもっちりしていて美味しいですが、出来たては中がとても熱いので火傷しないように注意して下さい。
このレシピを共有する



シフォンケーキの作り方 レシピ

しっとりふわふわのシフォンケーキを作ります。生クリームやカスタードクリームにとってもよく合うので一緒にどうぞ。これをマスターすればたくさんアレンジできますから楽しみですよ。

Print Recipe
シフォンケーキの作り方 レシピ
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 アメリカ
分量
台分(直径20cm)
コース デザート
料理 アメリカ
分量
台分(直径20cm)
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. 卵黄5個を溶きほぐします。砂糖を加えて、すり混ぜて砂糖を溶かします。サラダ油を加えてよく混ぜます。牛乳も加えてよく混ぜます。
  2. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて一度ふるってあります。ふるいにかけながら小麦粉を加えます。
  3. 泡立て器で混ぜます。ダマがなくなって滑らかになるまでしっかり混ぜてください。
  4. メレンゲを作ります。まず卵白6個分を軽く溶きほぐし約1/3の砂糖を加えます。さらに泡立てて残りの半分を加えます。残りの砂糖を全て加えます。きめが細かくつやが出てきます。
  5. しっかりしたメレンゲになったらハンドミキサーの速度を落としメレンゲのきめを細かく整えます。角が立つまでしっかり泡立てます。
  6. メレンゲの約1/3を加えて、へらでしっかり混ぜます。こうすると生地が柔らかくなり、残りのメレンゲが混ぜやすくなります。
  7. 残りのメレンゲを全て加えます。手早く混ぜ合わせます。泡をつぶさないように混ぜないとうまく膨らみません。
  8. 生地ができました。シフォン型に流し入れます。型にはバターなど油分は塗らないでください。型とケーキがしっかりくっついていないと縮んでケーキの高さが低くなりがちです。
  9. 竹串で生地の中を混ぜて中の空気を追い出します。空気が残っていると膨らんで中が空洞になってしまいます。さらに数回高い位置から落とし中の空気を出します。
  10. オーブンは生地を作る前に170℃に予熱してください。型をオーブンに入れ170℃で50分ほど焼きます。
  11. 取り出します。逆さにしてクーリングラックのうえで冷まします。シフォンケーキは高さがあるので逆さにして冷ますと自分の重みで生地が縮みにくいです。
  12. ケーキが完全に冷めました。型の側面に細いパレットナイフをさしこみます。縁にそってナイフを滑らせます。さらに細いパレットナイフで同様に中心部分も外します。
  13. 逆さにしてそっと型を持ち上げて抜きます。
  14. 底の部分もナイフをいれます。ひっくり返し、型の底を外します。
  15. お皿に乗せます。
  16. 一切れ切り、ブルーベリーとホイップクリームを添えます。最後に粉糖を振りかけます。
レシピのメモ
  • ポイントはしっかりしたメレンゲを作る事と、生地の中の空気をとことん抜くことです。
  • お店で紙のシフォン型も売っています。シフォン型がない場合は、紙のシフォン型やマフィンカップを使って分けて焼いてください。
このレシピを共有する