美味しいカステラの作り方 しっとりもっちりのレシピ

しっとり、もっちり、おいしいカステラをアルミホイルを巻いた箱で作ります。

Print Recipe
カステラの作り方 レシピ
粗熱を取る時間は調理時間に含まれません。
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 日本
調理 90
分量
個(19x19x8cm)
材料
  • 300 g 中サイズ6個(カステラ1つ)
  • 200 g 砂糖
  • 3 大さじ はちみつ
  • 3 大さじ
  • 150 g 強力粉
  • 1 大さじ ザラメ お好みで
コース デザート
料理 日本
調理 90
分量
個(19x19x8cm)
材料
  • 300 g 中サイズ6個(カステラ1つ)
  • 200 g 砂糖
  • 3 大さじ はちみつ
  • 3 大さじ
  • 150 g 強力粉
  • 1 大さじ ザラメ お好みで
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを評価してください。
作り方
  1. アルミホイルで覆った紙箱にクラフト紙を敷き、底にザラメを散らします。
  2. ハンドミキサーで卵を軽く溶きほぐします。砂糖を加えて混ぜます。
  3. 湯せんにかけてゆっくり温めます。人肌程度に温まったら取り出し火を止め、水の入った容器を入れて温めます。
  4. 高速で白くもったりするまで約8分間泡立てます。ミキサーを持ち上げて落とした時、模様が消えないで残るこの程度の固さです。
  5. ハチミツに温めた湯を加えて溶き、これを加えてさらに1分間 高速で泡立てます。低速に切り替え艶が出てきめが細かくなるまで約1分間混ぜます。
  6. 粉を全体に散らして加え、中速で約2分滑らかになるまで混ぜます。
  7. 2〜3回ボウルを落として泡を消します。生地を型に流し込みます。スパチュラを縦横に切るように動かし泡を消します。
  8. 予熱したオーブンに入れます。最初の15分は170℃、その後160℃に落としてさらに約50分焼きます。オーブンはそれぞれくせ(個体差)があるので温度と時間は目安にして下さい。
  9. 竹串を刺します。少ししっとりしているくらいがベストです。串が乾いた状態まで焼くと しっとりした食感にはなりにくいです。しっとり感が命なので焼き過ぎには気をつけましょう。
  10. オーブンから取り出しカウンターに2〜3回落とします。焼き縮みを防ぐためです。ラップを貼り付けたトレーをかぶせます。上下を返します。
  11. トレーをかぶせる前に、立ち上がった型紙の四隅に切り込みを入れて外側に折っておくと、カステラの表面に敷き紙の跡が残らずきれいに仕上がります。型を外します。
  12. ラップを十字にかけ完全に覆います。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて1日おきます。1日経った方がしっとりして大変美味しいです。
  13. 器に盛りましょう。ていねいにペーパーを剥がし 端を切り落とします。ナイフは切る度に濡れた布巾で拭くと切り口がきれいです。
  14. 半分に切り、さらに3cm幅に切ります。お皿に並べます。
カステラを焼く型の自作
  1. カステラを焼く型を自作する方法です。こちらは4つ切り込みを入れたクラフト紙です。
  2. 厚紙の箱はアルミホイルで包んであります。
  3. 包み方はまず丁寧に帯状のアルミホイルを巻きつけます。
  4. 交差するようにもう一枚を巻きつけます。四角い型がない場合はこのように自分で作れます。
レシピのメモ
  • 中力粉、薄力粉でもできますが、しっとりもっちりした食感を出すには強力粉が向いています。
  • 日持ちは冷蔵庫で1週間、冷凍すれば1ヶ月は美味しくいただけます。
  • お茶はもちろんコーヒー、紅茶にもよく合うのでどんなシーンにも喜ばれます。
このレシピを共有する

  • いいね!8件、コメント2件 ― @sha
  • いいね!30件、コメント2件 ― @bo
  • いいね!104件、コメント5件 ― @r
  • 10 Likes, 2 Comments
  • 埋め込み
  • いいね!4件、コメント1件 ― Pris

投稿者:

Cooking with Dog

Cooking with Dog is a YouTube cooking show featured by a canine host Francis and a mysterious Japanese Chef whose real name is not disclosed. クッキングウィズドッグはホスト犬フランシスと謎の女性シェフが出演するYouTubeチャンネルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です