絶品クリームパンの作り方 トロトロのカスタードクリームとふわふわの焼きたて生地のレシピ

子供の頃から馴染みのあるカスタードクリームのたっぷり入ったクリームパンを作ります。クリームトロトロ生地はふわふわ。焼きたての美味しさに感動しますよ!

Print Recipe
クリームパン
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
コース デザート
料理 日本
調理 185
分量
個分
コース デザート
料理 日本
調理 185
分量
個分
投票: 1
評価: 5
あなた:
レシピを評価してください。
材料
パン生地
  • 140g 強力粉
  • 60g 薄力粉
  • 20g バター
  • 20g 砂糖
  • 8g スキムミルクない場合は水100mlの代わりに牛乳110mlを使用してください
  • 3g
  • 25g 溶き卵
  • 100ml 冬はぬるま湯
  • 3g インスタントドライイースト
  • 溶き卵照り用
カスタードクリーム(できあがり約320g)
  • 3 卵黄
  • 55g グラニュー糖
  • 8g 薄力粉
  • 8g コーンスターチ
  • 250ml 牛乳
  • バニラオイル数滴、またはバニラエクストラクト小さじ1
作り方
  1. はじめにホームベーカリーで生地を作ります。容器に強力粉、薄力粉、バター、砂糖、スキムミルク、塩、溶き卵、水を入れます。スキムミルクがない場合は、水の代わりに牛乳を加えてください。容器を本体にセットし蓋をします。
  2. インスタントドライイーストは専用のケースに入れます。イーストは生地を作る途中で追加されます。
  3. 生地づくりのモードを選択し、作業をスタートさせます。約1時間で一次発酵までできます。
  4. 生地作り中にカスタードクリーム作ります。卵黄をほぐし砂糖を加えます。
  5. やや白っぽくなるまでしっかり混ぜます。
  6. ボウルにざるをかけ薄力粉、コーンスターチを加えます。ふるいにかけ卵黄に加えしっかり混ぜます。
  7. 薄力粉は小麦粉のでんぷんとグルテンの働きで、コシのあるとろみをつけることができます。コーンスターチはとうもろこしのでんぷんで非常に粒子が細かく、透明感があって滑らかに仕上がります。両方のいいところを生かすことでおいしいクリームができます。
  8. 牛乳を火にかけ温めます。湯気が出るくらいまで温まったら火を消します。
  9. 牛乳を少しずつボウルに加えよく混ぜます。半分くらいまで加えたら鍋をコンロに置きます。卵液をしっかり混ぜます。
  10. 鍋にザルをかけ、卵液をざるでこしながら鍋に戻します。カラザやダマを取り除き、滑らかに仕上げるためです。
  11. 中火弱にかけホイッパーで混ぜ続けます。
  12. とろみがつき始めたら火を弱めて、ホイッパーをフル回転させてしっかり混ぜます。
  13. ツヤが出てとろみ加減がゆるくなります。そこからさらに1~2分混ぜ続けます。
  14. 鍋を火から下ろします。バニラオイルを数滴加えて混ぜます。
  15. 清潔なボウルまたはトレイを氷水で冷やし、カスタードクリームを流し入れます。
  16. ラップをぴったりはり付け、水滴ができないようにします。水滴ができると雑菌が繁殖しやすくなります。上に保冷剤を置いて急冷します。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れます。
  17. 一次発酵が終わり生地ができあがりました。
  18. こね台には薄く手粉(強力粉)を振り、ホームベーカリーの蓋を開け容器を取り出します。手に粉をつけ生地を台に取り出します。もう一度生地に軽く粉をつけます。
  19. カードを使って生地の手前に切り込みを入れます。
  20. 生地を開いて長い楕円状に形を整えます。
  21. 8個に分割します。
  22. 秤で測りながら1個あたり約47gになるよう調節します。
  23. 調節した端切れは生地の下に入れてまるめます。
  24. 生地を下に集めるように伸ばし、手のひらの上でくるくる回してまるめます。やりすぎると生地の表面が傷むので気をつけましょう。
  25. 指でつまんで生地を閉じます。
  26. 丸めた生地を並べラップをかけます。
  27. 部屋の温度が低い場合は、固く絞った温かい布巾もかけておきます。15~20分生地を休ませます(ベンチタイム)。
  28. ではクリームを包みます。天板に薄くサラダ油を塗ります。生地の表面は乾きやすいので、天板にかぶせるラップも準備しておきます。
  29. タオルは取りますが、ラップは生地にかぶせておきます。
  30. 生地を一つこね台にとり、表面に手で薄く粉をつけ、手のひらでたたいてガスを抜きます。
  31. 麺棒を前後に動かして楕円に延ばします。
  32. カードを使ってそっと剥がし、きれいな面を下にして秤にのせます。クリーム約35gをのせて生地ごと台に置きます。
  33. クリームは40gまで包めますが、最初は包むのが難しいので、成功して慣れたら次回挑戦してください。
  34. クリームを整え、半分に折ります。真ん中を閉じます。クリームをはさまないように左右も閉じます。
  35. クリームをはさんでしまうと、焼いた時そこからクリームが出てきます。クリームは柔らかいと包みにくいのでしっかり冷やしておきましょう。
  36. 見栄えが良くなるように、閉じた側に切り込みを3カ所または4ヶ所入れます。
  37. 包んだ生地を天板にのせ、ラップをかぶせます。残りも同様に合計8個クリームを包みます。
  38. ラップを取ります。くっつき防止のオーブンペーパーを間に挟んでおきます。二次発酵でオーブンにスチーム機能がついてない場合、ここで霧を吹きかけます。
  39. 庫内に入れます。二次発酵は40度で50分~60分です。
  40. 二次発酵が終わりました。天板を取り出し、オーブンを予熱220℃に設定します。刷毛で照り用の卵を生地に塗ります。表面を優しく撫でるように塗ります。
  41. 220℃になったら素早く庫内に入れ、温度を200℃に下げて12〜13分焼きます。
  42. ただこのオーブン使用した場合、均一に焼き色をつけることが難しかったため、途中で天板の前後を入れ替えたり、早く焼き色が付いた部分にオーブンシートをかぶせたりしました。そのため今回温度を下げずに焼きましたが、一般的には200℃で焼くことが多いです。
  43. 焼き時間は目安なので、きれいな焼き色が付いたら取り出しましょう。
  44. 焼きたてのクリームパンをケーキクーラーにのせます。
レシピのメモ
  • 焼き時間が長くなると水分が失われてパサパサになります。オーブンにもよりますが12〜13分で焼き上がるようにしましょう。
  • 機種により材料を入れる順番やイーストを入れる場所が異なります。お使いのホームベーカリーの説明書に従ってください。
  • 手で生地をこねる場合やフードプロセッサーを使う場合は、メロンパンまたはチョコレートコルネのレシピを参考にしてください。
  • カスタードクリームは傷みやすいので作った翌日には使い切ってください。チョココルネで作ったチョコカスタードを包むこともできます。

投稿者:

Cooking with Dog

Cooking with Dog is a YouTube cooking show featured by a canine host Francis and a mysterious Japanese Chef whose real name is not disclosed. クッキングウィズドッグはホスト犬フランシスと謎の女性シェフが出演するYouTubeチャンネルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です