ほうとうの作り方 体の芯から温まる野菜たっぷり山梨県の郷土料理レシピ

とってもヘルシーで体が温まる山梨県の郷土料理、ほうとうを作ります。この栄養バランスに優れた料理は体の芯から温まります。ぜひ寒い季節にお試しください。

ほうとう
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを気に入りましたら ぜひ星5つで評価お願いします! 🙂
献立予定表に追加
献立予定表に追加:
このレシピはこちらの献立表に追加されました
調理 40
煮干し、出し昆布を水に浸ける時間は調理時間に含まれません。
分量
人分
調理 40
煮干し、出し昆布を水に浸ける時間は調理時間に含まれません。
分量
人分
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを気に入りましたら ぜひ星5つで評価お願いします! 🙂
献立予定表に追加
献立予定表に追加:
このレシピはこちらの献立表に追加されました
材料
  • 180g ほうとう冷凍うどん可
  • 150g かぼちゃ甘いタイプならどんな種類でも良い、正味
  • 25g にんじん
  • 50g 大根
  • 1/2 油揚げ
  • 100g 白菜
  • 2 小松菜クセのない他の葉物でも良い
  • 30g まいたけ
  • 30g しめじ
  • 10cm 長ねぎ白い部分
  • 900ml
  • 40g 煮干し
  • 4g 出し昆布
  • 2 1/2大さじ みそ
作り方
  1. まず出しを作りましょう。煮干しの頭と腹ワタを取ります。苦みが出ないようにするためです。
  2. 900mlの水に煮干しと出し昆布を加えます。煮干しと昆布はこのまま30分以上つけておきます。
  3. 煮干しと昆布がしっかりふやけたら、火をつけて中火弱でゆっくり煮ます。煮立ったら弱火にしアクをすくいます。
  4. 4〜5分コトコト煮出します。
  5. 火を止めて昆布を取り出し、まな板に置きます。だし汁は網でこして鍋に移し、煮干しを取り除きます。
  6. 昆布は細く切り、鍋の具材として使います。
  7. 材料を切りましょう。人参はまず縦に4等分し、いちょう切りにします。
  8. 大根はピーラーで皮をむきます。いちょう切りにします。
  9. 油揚げはキッチンペーパにはさんで余分な油を取ります。まず半分に切り、1cm幅の短冊に切ります。
  10. しめじと舞茸は手で裂いて、小房に分けます。
  11. 小松菜は根元を切り落とし、4cm長さに切ります。アクの少ない葉野菜で代用できます。
  12. 長ねぎは7〜8mm厚さの斜め切ります。
  13. かぼちゃはスプーンで種を取ります。
  14. ヘタを切り落とし、1cm厚さに切ります。硬いので怪我をしないように気を付けてください。かぼちゃは甘いタイプならどんな種類でも大丈夫です。
  15. 白菜は根元を切り落とし、3〜4cm幅に切ります。白い部分と葉に分けます。
  16. ほうとうを作りましょう。煮干しだしに、大根、人参、油揚げ、しめじと舞茸を加えます。出し昆布も入れて火をつけます。
  17. 沸騰したらアクを取ります。
  18. 弱火にし蓋をして4〜5分煮ます。
  19. ここでほうとうを入れます。
  20. かぼちゃと白菜の白い部分を加えます。お玉で沈めます。中火弱で蓋をして煮ます。
  21. ほうとうがくっ付かないように、時々菜箸でほぐします。袋の表示時間通り煮ます。
  22. ねぎ、白菜の葉の部分、小松菜を入れます。さらに約2分煮ます。
  23. 最後に出し汁をボウルに取り、みそを溶かします。
  24. みそを鍋に戻します。
  25. みそをお玉でひろげます。
  26. 一煮立ちしたら火を止めます。
  27. 鍋敷きに置いてできあがりです。
レシピのメモ
  • 甘みととろみを出すためにかぼちゃは必ず入れて下さい。
  • キノコ類や油揚げはだし汁が冷たいうちに入れます。水から煮ると良い出しが出ます。
  • 生麺から煮込むほうとうは、汁にとろみがついて冷めにくいです。

投稿者:

Cooking with Dog

クッキングウィズドッグはホスト犬フランシスと謎の女性シェフが出演するYouTube料理チャンネルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です