鶏のつけそば鴨南蛮風の作り方 鶏肉としいたけの旨味たっぷりの熱々のつけ汁でいただくレシピ

鴨肉の代わりに鶏肉を使ってつけそば鴨南蛮風を作ります。つけ汁につけていただく鴨せいろが有名ですが、日本では鴨が手に入りにくいため、家庭では鶏肉を使って作ることが多いです。つけ汁は鶏肉としいたけの旨味も加わってとっても美味しいです!

Mobile Page (AMP)印刷
Print Recipe
鶏のつけそば鴨南蛮風
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを気に入りましたら ぜひ星5つで評価お願いします!
献立予定表に追加
献立予定表に追加:
このレシピはこちらの献立表に追加されました
調理 30
分量
人分
調理 30
分量
人分
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを気に入りましたら ぜひ星5つで評価お願いします!
献立予定表に追加
献立予定表に追加:
このレシピはこちらの献立表に追加されました
材料
  • 240g 生そば
つけ汁
トッピング
作り方
  1. まず水にだしパック1袋入れ火にかけます。このだしパックには、天然のかつお節と昆布の粗い粒子が入っていて、簡単にとても美味しい出しが取れます。
  2. 沸騰したら中火にして5分煮出します。パッケージ表示の約2/3の少ない水で濃いめの出しを取っています。匂いがこもるので蓋はしません。
  3. 火を止め 軽く袋を絞り取り出します。これで美味しい出しの出来上がり!
  4. 次に材料の下ごしらえです。しいたけは軸を切り落とします。笠を4~5切れに切ります。
  5. 長ねぎの根の部分を切り落とします。4cm長さに切ります。斜めに切り込みを入れておくと食べやすいです。
  6. 鶏もも肉は余分な脂をあらかじめ切り取り、筋の部分に細かく包丁を入れます。
  7. 一口大にそぎ切りにします。
  8. もも肉をトレーに移します。下味のしょうゆ、酒を振りかけます。均一にまぶします。5分ほどおきます。
  9. つけそばのつけ汁を作ります。鶏肉に片栗粉を振りかけます。裏に返し同様に振りかけます。
  10. 鍋にサラダ油入れて温めます。油をフライパンに広げます。鶏肉は皮を下にして置きます。
  11. ねぎも一緒に入れて焼きます。
  12. 鶏肉を返して裏面も焼きます。
  13. 両面焼き目がついた順にトレイに取り出します。あとで煮るのでこの時点で完全に火を通す必要はありません。
  14. ねぎも焼き目をつけて、火を消してトレイに取ります。
  15. キッチンペーパーでフライパンを拭きます。ここに酒、みりんを加えます。温めます。さっと煮立たせ臭がなくなるまでアルコールを飛ばします。
  16. だしを注ぎます。醤油を加えます。
  17. ねぎ、鶏肉、しいたけも加えます。
  18. 中火で熱します。沸騰し始めたら火を弱めます。少し沸騰する状態をキープしながら5分煮ます。
  19. 途中アクが出てきたら取り除きます。
  20. 火を消してつけ汁の出来上がり!
  21. そばをゆでます。吹きこぼれ防止のグッズを入れてみましたがなくても大丈夫です。
  22. こちらの生そばを使用します。
  23. 鍋にたっぷりの湯を沸かしそばを茹でます。くっつかないように菜箸で軽くほぐします。袋に記載されている時間ゆでます。
  24. そばをざるに取り水を切ります。
  25. たっぷりの水に浸けて粗熱をとり、表面を優しく洗いぬめりを取ります。こちらのカウンターで全て作業していますが、ご覧の皆さんは流水でしっかり洗ってくださいね。
  26. 次にそばを氷水で締めます。氷水で締めるととても喉ごしが良くなります。
  27. ざるをキッチンタオルの上で叩き、しっかりと水を切ります。
  28. 器に盛ります。
  29. つけ汁を温めます。具材によく味がしみています。とっても美味しそう。
  30. 器につけ汁と一緒に鶏肉、ねぎ、しいたけをよそいます。つけ汁はそばのつゆほど濃くないので、たっぷりよそってくださいね。
  31. 七味唐辛子を振りかけます。最後にねぎの小口切り、大根おろしを添えます。
  32. そばを熱々のつけ汁につけて、具材と一緒にお召し上がりください。
レシピのメモ
  • 熱いつけ汁に冷たい麺をつけるのは変かもしれませんが、こうすることでコシのある麺を楽しむことができます。
  • 鴨の脂は独特の旨味があるので、手に入る場合はぜひカモ肉でお試しください。

投稿者:

Cooking with Dog

クッキングウィズドッグはホスト犬フランシスと謎の女性シェフが出演するYouTube料理チャンネルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です