サーターアンダギーの作り方 砂糖天ぷらのレシピ

甘くて美味しい沖縄のドーナッツ、サーターアンダギーを作ります。外はカリッ中はふわっ。出来たての美味しさは格別です!

サーターアンダギー 砂糖天ぷら
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを気に入りましたら ぜひ星5つで評価お願いします! 🙂
献立予定表に追加
献立予定表に追加:
このレシピはこちらの献立表に追加されました
コース デザート
料理 日本
分量
個分(約)
コース デザート
料理 日本
分量
個分(約)
投票: 0
評価: 0
あなた:
レシピを気に入りましたら ぜひ星5つで評価お願いします! 🙂
献立予定表に追加
献立予定表に追加:
このレシピはこちらの献立表に追加されました
材料
※材料はAmazonアフィリエイトリンクを含んでいます。
作り方
  1. 初めに生地を作ります。泡だて器で卵を溶きほぐし砂糖を加えます。
  2. よく混ぜます。
  3. 混ざったらサラダ油も加えて 混ぜます。
  4. 次に薄力粉にベーキングパウダーを加えて混ぜます。ふるいながら卵液に加えます。
  5. ふわっとさせるために薄力粉の使用をおすすめしますが、手に入りにくい場合はAll Purpose Flourでも作れます。
  6. 生地はヘラを使って切るようにさっくり混ぜます。混ぜすぎると揚げた時にふわっとしません。
  7. 粉気がなくなるまですくっては返すように混ぜます。生地のできあがりです!
  8. ではサーターアンダギーを揚げます。油は揚げ物としては低温の150℃に熱します。箸の先から少し泡が出るくらいの温度です。
  9. 手に分量外のサラダ油をつけてスプーンで生地をすくいます。
  10. ピンポン玉くらいの大きさに丸めます。
  11. 生地をそっと油の中に入れ低温でじっくり揚げます。この分量で約10個作れますが今日は5個揚げます。
  12. 自分でひっくり返るのでできるだけ触らないでください。触りすぎると割れにくくなります。
  13. 沖縄の言葉でサーターは砂糖、アンダは油、アギーは揚げるという意味であることからサーターアンダギーと呼ばれています。
  14. 笑ってる〜「サーターアンダギーが笑う」とは表面が割れていることを指します。割れ目が笑顔に見えることからきています。
  15. できあがり!
  16. 揚がったらペーパーに取り 油を切ります。
  17. サーターアンダギーをお皿に盛りつけます。
レシピのメモ
  • サーターアンダギーが笑わない場合は以下のことが考えられます。油の温度が高過ぎる、生地が緩すぎる、または揚げている時触りすぎてしまったなどです
  • 生地の中に砂糖が多めに入っていることから沖縄では「砂糖天ぷら」とも呼ばれるお菓子です

投稿者:

Cooking with Dog

クッキングウィズドッグはホスト犬フランシスと謎の女性シェフが出演するYouTube料理チャンネルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です